結婚相手を思い通りに育てる

From:吉本みかん

昨日まで、相手を尊重するというお話をしてきました。

その中で、褒め方の技術的なことをお伝えしました。

今日は、この褒める技術を使って、相手を自分の思い通りに育てる方法をお話します。

結婚生活で、相手にこうしてもらいたい、ということって出てきますよね。

すでに、交際中でも出てくることもあるでしょう。

そんなときは、これを使ってみてください。

例えば、旦那さんに家事をやってもらいたい。

奥さんに可愛い服を着てもらいたい(笑)など。

では、どうやって自分の思い通りに相手を育てていくのか。

それは、褒めてもらいたい衝動を利用するということです。

一言でいうと、褒めて育てるというやつですね。

これは、子育てでも同じように使えますので、結婚相手に使うかどうかは置いといても、覚えておいて損はありません。

当たり前ですけど、人は、褒められると嬉しい。

だから、この行動を取ったら、褒めてもらえるというのがあると、その行動を取りやすくなります。

逆に、いくらやった方がいいと思っていることでも、自分にとって嬉しいことが1つもないとしたらやりません。

例えば、仕事のキャリアアップで英会話をやった方がいいのは分かっていても、なかなか勉強できない、など。

僕も何度か英会話に挑戦したことがありましたが、結局モチベーションが続かず、ものになりませんでした。

ですので、これは無理やり相手の行動を変える方法ではありません。

むしろ、相手が自ら、こちらが望む方向に変わっていくように仕向けていく方法です。

これを、褒めながらやるとやりやすいんですね。

その方法についてですが、基本原理はイルカの調教と同じです。

つまり、こちらが望んだ行動を取ったとき、相手が望むエサを与えるわけです。

これは、心理カウンセリングの行動療法の1つで、条件付け、と呼ばれるものです。

昔、学生時代の生物で習ったことがある人もいると思います。

パブロフの犬、という実験。

犬にエサを与えるとき、毎回ベルを鳴らす。

そうすると、犬はベルが鳴るとき自然によだれが出るようになります。

ここでエサを与えず、ベルだけ鳴らすとどうなるか?

犬はエサがなくても、ベルの音を聞くだけでやっぱりよだれが出る、という実験です。

つまり、ベル →エサというパターンが出来上がったというわけです。

これを婚活に応用するとしたら、例えば、あなたとのデートがいつも楽しい。

それを繰り返していると、あなたの顔を見るだけで楽しくなってくる、というのが条件付けです。

これはこれでわりと使えるテクニックなのですが、今回の相手を育てるというのは、オペラント条件付け、というのが使いやすいです。

人に限らず、イルカなどの動物も、こちらが何もアクションを起こさなければ、相手の行動はランダムに起こります。

そのとき、こちらの都合の良い行動を取った時だけ褒めます。

その他の都合の悪い行動や、可もなく不可もなくといった行動はスルーします。

スルーするのがポイントです。

これを繰り返します。

そうすると、相手はこちらの都合の良い行動を取る頻度が多くなります。

そうやって、自ら行動するように誘導していきます。

最終的には、相手が自ら望んでその行動を取るようになります。

こちらも、いちいち文句やお願いをしなくても済みます。

ポイントは、褒めるという行動が条件付けのエサになっているということ。

エサになるなら、褒め言葉でなくても構いません。

ですが、とりあえず、やりやすいので最初は誉め言葉をエサにして相手を育ててみてください。

注意点としては、罰を与えても思うようには育たないということ。

こちらの都合の良い行動を取ったときに褒めるのは分かると思います。

ただ、ついやってしまいがちなのが、都合が悪い行動を取ったとき罰を与えるというもの。

それでは相手が勝手に育つ、という流れになりません。

上手くやらないと怒られる、というのは義務感なんです。

相手のモチベーションを義務感にしては、いつでもこちらが管理しないといけなくなります。

そうすると、家事をやってもらえたとしても、お互いにストレスになるでしょう。

というわけで、相手を育てるときは、誉め言葉をエサにして、こちらの都合の良い行動だけを誉める。

これをやってみてください。

相手を育てるときの豆知識です。

人は自分を重要だと思う人の前では、重要な人でいたいというのがあります。

そうやって、相手の良いところや上手くできたことを誉めていくと、あなたの前ではそういう自分でいようと思ってきます。

つまり、長所を見せるようになるこということです。

人って、長所も短所もありますよね。

それは誰もがそうなのですが、相手があなたの前では良い自分でいようとするとしたら、こんな都合の良いことはないですよね?

そこで、もっとあなたの為に相手が勝手に育つ秘訣があります。

それは、相手の成長を一緒に喜ぶ。

相手のことなんですけど、それを自分のことのように喜ぶんです。

そうすると、相手は自分が成長すること自体がエサになります。

いわゆる、「あなたの喜ぶ顔が見たいから」という状態ですね。

あなたの結婚相手がそんな風にあなたを思って行動してくれるようになったら素敵ですよね。

ここで紹介した方法は、相手があなたと結婚したいと思うかどうかの最後の決め手になるでしょう。

人は誰もが、自分の存在を認めて大事にしてくれる人と一緒にいたいと思うものです。

ですので、この方法は悪用することもできます。

それくらい人の深層心理に響く技術ですので、ぜひあなたも使えるように練習してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。