あなたが本当に望んでいるもの

2018/12/9/ 17:42

From:吉本和広

・結婚しようと思えばできるけど、幸せな結婚に妥協できない

・表面的には変わったけど、内面的には変わりきれていない

・変わりたいと思うけど、なかなか変わる勇気が持てない

こんなことで悩んでいる方、婚活では多いと思います。

この先ひとりかと思うと不安で、でもお金がないから不安?将来が安泰だったら安心?

本当にそうなのでしょうか?

あなたが本当に欲しいのは、分かり合える存在なのではないでしょうか?

つまり、ありのままの自分を分かってくれる存在です。

本当は子どものころ、親にして欲しかったことなんです。

僕も10代のころ、不安定で、学生時代はうつになりました。

将来に絶望して、こたつに座ったまま1日中1点を見つめていた時期もありました。

まるで廃人です。

挑戦するのも恐いし、かといって、誰かに頼ることも難しい。

友達?親?兄弟?相談できる?

僕ほどひどくはないかもしれませんが、それでも、あなたの人生を引き受ける余裕は彼らにはありません。

もし、本当に孤独から解放されて、満たされたいとしたら最後はパートナーしかいないんです。

僕も結婚してはじめて、精神的に安定しました。

ところが、卵が先か、鶏が先か、というのと同じで先にパートナーを見つけることは難しいんです。

でも、自分のこととして考えてくれる存在がないとパートナー探しや自分を変える勇気は持てません。

じゃあ、僕はどうしたかというと、カウンセリングに通いました。

その自分を受け入れてくれる存在があるから、挑戦できるし、新しい自分に変わることができました。

まるで、子どもが家庭で勇気をもらって、外の人間関係を築いたり、成長できるのと同じように。

それと同じことをカウンセリングでやってもらったんです。

だから僕もカウンセリングを受け続けてきました。

でも今は必要ありません。

なぜなら、結婚して、僕の人生を自分のことのように考えてくれる相手が出来たからです。

でも、そんなパートナーを見つけるまでは一時的な自分を受け入れてくれる存在が絶対に必要です。

つまり、人生にはそういう伴走者が必要ということです。

あなたもパートナーが見つかるまで、一時的に自分のことのように関わってくれる存在を見つけてください。

そうしないと、結婚相手を見つけるまでのプロセスを踏ん張ることができません。

今の自分を変える勇気や、挑戦が待っているからです。

そんなとき、あなたの成長を一緒に喜んでくれて、励ましてくれる存在。

僕はカウンセラーとして、これをしています。

もちろん、カウンセリングの技術もありますけど、もはやそういうことを超えた関りです。

だから、本気で怒るし、自分と向き合うことから逃げていると感じたらイライラします。

イライラするときは、本人よりも僕の方が、その人の幸せにこだわっているときです。

僕がカウンセリングをしている時間は、お客さんが子どものころに親に望んだことを僕が代わりにしています。

そうやって、新しい自分に挑戦することをして欲しいんです。

何をするかと言うと、幸せな結婚生活以外の選択肢を捨ててもらっています。

そのために、あなたの自己イメージを書き換えていくしかありません。

幸せな結婚生活以外の人生はあり得ないという人生です。

妥協して結婚できるなら、あなたもとっくにしているでしょう。

でも、そうでなくて、幸せな結婚生活も手に入っていないとしたら、

中途半端に妥協の人生の可能性を残しているんです。

どっちみち、そんなものは満足できないのでしたら、その選択肢を捨ててください。

グッドラック!


彼氏と婚活を天秤に掛ける女

2018/12/7/ 17:40

From:吉本みかん

今日、Yahoo!知恵袋の質問に答える動画を撮影しました。

質問は、彼氏がいるけど、婚活していい?というものでした。

その答えは動画でやっているので、

せっかくならメルマガではもう少し話を掘り下げてみたいと思います。

彼氏がいるけど、他の人の方がいいのでは?

もしくは、彼氏とは何となく続いているけど、違和感があったり、

何か違うなと思ったり。

だから、ちょっとやりとりしている他の男性の方がいいかなと思ってしまう。

でも、やっぱり彼氏とは離れられない。

感情的に、手放すのが不安というか、そんなところでしょうか。

でも、感覚的には違うなと、思っているから、この人!って決めきれないんですよね。

そんなとき、どうすればいいのかというと、

結局は、覚悟の問題なんです。

この人は違うと思ったら違うんです。

でも、他にもっといい人がいればそっちにしたい、というのはずる賢い。

比較の問題でありません。

その彼氏がいいならいいし、違うなら別れる。

他の人にしても、その人がいいならその人。

その覚悟を持てるかどうかです。

でも、不安だったり、情があったり、そういうものに引っ張られて、

自分が薄々感じている直観に従えないんです。

自分のは本音はどこにあるかというと、

その薄々感じているものが本音なんですよね。

こんなとき、どうすればいいのかというと、

選択肢を捨てるんです。

これも、断捨離の一環です。

何かというと、人生の可能性を捨てるということです。

人って、わりと欲張りなので、

こんな人生だったらいいな、とか、

もっとこういう人とも出会いたいな、とか色々あります。

でも、そうすると何も決められません。

決められないくらいならまだしも、

何も手に入りません。

だから、

可能性を捨てるんです。

僕の場合も、人生の中で色々試しました。

事業をしてみたり、投資をしてみたり。

でも、その中で、なんか違うなという選択肢を全て捨てました。

最近では、会社にしてからの銀行の借入金を返済しています。

これが何を意味するかと言うと、

会社として規模を大きくしていくという選択肢を捨てているんです。

銀行は、取引実績を見ますので、

借りたお金をすぐに返すとか、評価が悪いんです。

それだけならまだしも、取引していて印象が良いように組んでいた定期預金も解約。

銀行によっては、口座自体を解約。

そうすると、もう借りたいときに借りれないかもしれません。

つまり、銀行にお金を借りて事業を広げていくという選択肢を捨てているんです。

銀行からの評価が悪くなるような行動を自ら取っているので、切羽詰まっても銀行から借りるという考えができない。

自分の選択肢の中から、それを排除しているんです。

でもこれって、いざというときのバックアップに取っておくこともできたんです。

ただ、そうすると、僕の覚悟が決まらないんですね。

そうやって、

これをやるしかない!となったとき、

人は覚悟が決まって、目標を達成します。

先ほどの、婚活の話に戻すと、

中途半端な相手と結婚する、という今の彼氏との関係を断ち切ることを意味します。

言い方を変えると、

妥協して結婚する、という選択肢を捨てるという意味です。

この場合、とことん彼氏と価値観をぶつけてしまえばいいです。

そうすると、

「もうこの人とは無理かな」と思えます。

だから、今の彼氏との結婚という選択肢を自ら潰すことができるわけです。

人って弱いので、どこかに逃げ道があると楽な方に逃げてしまうんですね。

結婚していく人を見ると、

やっぱり結婚する人生以外の選択肢を捨てていますね。

ですので、あなたも自分の望む人生以外の選択肢を捨ててみてはいかがでしょうか?

そしたら、勝手に望みが叶いますよ。


付き合って失敗は無駄な時間?

2018/12/4/ 18:55

From:吉本みかん

1年半ほど前、ホームページを簡単に作れるシステムを買いました。

個人のプログラマーだったので、70万円くらいしました。

ところが、使ってみたものの、なかなか使い勝手が悪かったです。

簡単にホームページが作れれば仕事がはかどるので、投資としてはいいかなと思っていました。

結局、それだったらWEBデザイナーさんと一緒にホームページを作るほうが良い、という結論で、なくなく損切りをしました。

ところが1年以上たって、ひょんなことから市販のプログラムを購入しました。

それも、ブログでアクセスを集める、みたいなことを教えてもらったのがきっかけで、紹介してもらいました。

それに掛けた費用も30万円近く。

結局、周り回って100万円ほど使った上で、市販のものが一番使いやすかったです。

そのお値段、なんと3万円弱(笑)

なんだったんだろうと、自分でも思ってしまいますが、

こうやって自分で試していかないと、何が良いのか分からないんですよね。

つまり、100万円かけたからこそ、今の3万円の価値が分かる。

結婚相手選びもそうかもしれません。

先日、婚活セミナーを受けて、ご結婚された方にインタビューをしてきました。

その中で出てきたのが、

これまで付き合ってきた人とは、何となく上手くいかない。

だから、本当に幸せになれる相手を見つけたい。

そんなとき、婚活セミナーで視点が変わって、今の結婚相手を選んだ、みたいなお話でした。

じゃあ、最初から、今の結婚相手を選べるのかというと、そうはいかないんですよね。

色んな人と付き合ってみて、

何か違うな~というのがあって、

最後に選んだ人は、今まで違うなと思えるわけです。

それまでの経験があったからこそ、今の結婚相手の価値が分かるわけですね。

そうやって結婚された方は、もう迷いがありません。

だから、本当に幸せなんですよね。

この人しかいない、と思える。

誰を選んだとしても、そう思えないと幸せではありません。

だから、この人しかいないと思えるなら、それはどんな相手であっても幸せなんですよね。

まあ、こんなことを言っても、あなたはピンと来ないかもしれません。

ピンと来なくてもいいんですけど、

分かる人だけに伝わればいいかなと思っています。

グッドラック!


流れに沿った婚活をしよう

2018/12/3/ 18:11

From:吉本みかん

「今から飲みに来れる?」

昨日、メルマガを配信したあと、突然電話が鳴りました。

どうやら、地域の祭り青年を招集ということでした。

50代後半の、地元の自治会の役員の忘年会に、

ちょっと若い衆も来いや、みたいなノリ(笑)

若い衆と言っても、40歳前後なんですけど。

説教でもされるのかと思って出かけましたが、料理が食べきれないので呼んだ、みたいな感じでした。

僕の住んでいる地域は、静岡県掛川市の最北端の集落です。

27軒しかありません。

20代の若い世代もいなくて、今後、この集落の運営をどうしていくのか?ということが課題なわけです。

というのも、

台風の後に、山道を掃除したり、お祭りやら水道の管理など、生活に必要な活動をどうしていくのか。

街中に住んでいると、こういことはあまり意識しないんですけど、

人って、助け合っていかないと、そもそも生きていけないんだな~と実感します。

面白かったのが、掛川市の山奥なのに、

いろいろ、地元を盛り上げようと思っていること。

田舎って、どちらかというと閉鎖的なイメージがありました。

僕も、ここに住んで7年くらいになりますが、よそ者を受け入れない体質なのかなという先入観がありました。

ところが、

今、この集落を仕切っているメインの世代がノリノリ(笑)

登山者やら、キャンプの客やらを呼び込んで何かしたいと。

そんな話でした。

面白いな~と思ったんです。

細かい話ですが、僕の住んでいる地域は、もっと街寄りの集落も含め5地区あるんです。

でも、他の4地区はそんな雰囲気ではないみたいです。

僕としても、今後この地域に住み続けるので、人の流れがあるほうがいいかなと思っています。

でも、僕は奥さんの実家に同居しているマスオさん。

部外者なんです。

だから、あんまり地域の人たちと違う価値観を持ち込むのもどうかなと思っていたんですね。

そしたら、意外や意外。

地域の人たちがノリノリ(笑)

なんか、面白くなりそうな予感です。

何をするにも、この人の気持ちの方向性に逆らっては上手くいきません。

だから、僕は、周りの人が僕と同じ方向を向いているときだけ、手を出します。

こういうのは、婚活でも同じです。

婚活で出会った相手が、気乗りしているときは、こちらもその流れに乗っていけばいいでしょう。

ところが、ほとんどの人が、流れに逆らった生き方をしています。

見ていて残念に思うのですが、

効果がないところにエネルギーを注いでいるんです。

先日も、僕の婚活セミナーでご結婚された方へインタビューをさせていただきました。

その結婚の決め手というのは、

やっぱり自分を受け入れてくれる相手に心を開いた、ということに尽きます。

婚活で上手くいかない人は、自分の思い込みや、自分の好みにこだわり過ぎて、

本当に相性が良い相手を軽く扱っています。

要するに、見る目がないんです。

流れに逆らってはいけません。

実は、婚活も人生もシンプルにできていて、

人生の流れに従うだけでいいんですよね。

あなたも流れに沿った婚活をしてみてください。

そのほうが簡単に幸せになれますよ。


結婚を決められなくなる理由

2018/12/1/ 18:51

From:吉本みかん

今日から12月に入りましたね。

仕事で東京に来ているのですが、それほどまだ寒くないですね。

自宅の静岡県掛川市は、朝もそれほど寒くありませんでした。

コートを着ようかどうか迷いましたが、そのまま出発。

先月、東京に来たときは自宅よりも寒かったので、今日はどうしようかと思ったのですが、コートを着ずに来て良かったです。

でも、これもし違っていたとしたら、

寒さを我慢するしかありません。

逆にコートを着てきたら、今度はコートが邪魔で仕方がなかったでしょうね。

さて、こんなときあなたならどうするでしょうか。

僕の場合、寒かったとしても仕方ないので我慢してしまいます。

どちらが正解とかはないんですけど、

どちらかには決めないといけないですね。

今日の場合は、コートを着るのか着ないのか程度のささいな問題でしたが、

人生は選択の連続です。

こういう小さなことから、結婚のような大きなことまで色んな選択があります。

さらに、どちらでもいいよ、ということの方が多かったりします。

そんなとき、どちらにも決められず、正解を求めてしまうと決めきれません。

結婚は、特にそうです。

最終的には自分が決めた相手と、

その結婚生活に納得することができれば、

どんな結婚生活だとしてもOKです。

ところが、こっちのほうが良いよ、こっちが正解かな?

と正解を求めて決めてしまうと、後で後悔してしまいます。

僕も婚活セミナーで結婚相手の選び方をお伝えしますが、

これは選び方であって、チェックリストではありません。

最終的に自分で決められるように基準や考え方をお伝えしているんです。

まずは、その考え方のシフトが重要になります。

もちろん、これはやり方があるんですけど、どうして決められないのかというと、

それまでの人生で自分の基準で決めてきていないという人が多いです。

例えば、親がどう思うかな?とか、

周りの人に良い格好できるかな、とか。

そういう自分の基準以外で人生の選択をしてくると、だんだん自分がどうしたいのか分からんくなってきます。

そんなときの対処法としては、まずは少しずつでもいいので、自分の素直な気持ちで、物事を決めていく練習をします。

そうすると、だんだんと自分の好みや、

自分がどうすれば幸せを感じるのかが見えてきます。

もしあなたが婚活で決断できないのだとしたら、まずは決める練習をしてみてください。


残り物は妥協ですか?

2018/11/29/ 18:24

From:吉本みかん

今週末には12月。

寒い日も増えてきました。

それで冬服が欲しいなと思って、今日仕事帰りにららぽーと磐田に寄ってきました。

僕の服装は、最近はノームコアと言われるスタイルになっていて、毎日同じ服(笑)

ノームコアって、ノーマルとハードコアを掛けた造語で、究極の普通だそうです。

成功した経営者とかがこのスタイルが多いので、僕もそうしています。

有名どころでいうと、故スティーブ・ジョブズ氏や、マーク・ザッカーバーグ氏、オバマ元大統領が実践しています。

1つスタイルを決めて、同じ服を3、4枚買って、それをローテーションしています。

当然、夏と秋、それから冬では服は違います。

でも、極力同じスタイルにして、なるべく服の数は減らしたい。

そう思って、去年はさんざん冬服を探し回りました。

元々は、シャツを着ていたのですが、洗濯するとどうしてもシワになるので、シワにならないTシャツを選択。

でも、それだと冬は寒いので、去年はマフラーで誤魔化しました。

今年は、長袖Tシャツ以外はないかと思い、ニットのVネックを着てみたら、

似合わない(笑)

本当にニット系がダメで、

日曜日のお父さん。

まあ、実際僕はお父さんなんですけど、仕事上、若作りしないといけません。

却下。

それで、結局は冬だけシャツを着ようかと思った次第です。

でもこれ、元々のスタイルなんですよね。

シャツがシワになるからという理由で、去年は夏とか秋はTシャツにしていました。

そのもっと前は、年中シャツを着ていました。

振り出しに戻った感じです。

原点に帰るというやつでしょうか。

こういうことって、よくありますよね。

例えば、仕事をいろいろ経験したけど、

結局自分がやりたいことって、ずっとやってきたことだったとか。

これは偶然ではないんですよね。

人って、無意識で自分がやりやすいことや得意なことを知っています。

でも、憧れとか、ないものねだりとかで、他の人がやっていることをやりたくなるんです。

それを全部試してみて、どれもしっくりこなくて、最後に残ったのが、

自分にとっては何の新鮮味もない昔やっていたことだったりします。

婚活をしていても、

理想の結婚相手や、あこがれ、世間体、色んな理由で、自分に合った相手を探します。

それを一通り、納得するまで試してみたら、

結局最後に残ったのは、こういうタイプか、ということになります。

でも、これは妥協ではなくて、

むしろいいことなんです。

人って、自分が違うなと納得しないと先に進めないように出来ています。

だから、最初から相性が良い相手を選ぶということが難しいんです。

もし、あなたが、結局はこういうタイプが自分には合うのかなと、何の新鮮味もなく納得できるとしたら、

それはかなり良い線いってます。

この最後に残った選択肢があなたにとっての最良のパートナーの可能性が高い。

人生は、そんな風にできています。

不思議ですけどね。


早起きで印象アップ!

2018/11/28/ 18:05

From:吉本みかん

もうすぐ11月も終わりです。

だいぶ寒くなってきましたね。

朝晩、というか特に朝が冷えますね。

最近は5時半に起きるようにしています。

毎日5時半。

それが早起きなのか、普通なのかは分かりませんが、年中通して起きられる時間がいいかなと思いました。

夏は寒くないので、5時でもいいかもしれませんし、もしかしたら4時半でも起きられるかもしれません。

でも、冬はなかなか厳しいです。

寒いし、暗いし。

そもそも早起きをしようと思ったのは、朝に仕事をや準備をすると、1日楽だからです。

勤勉だからそうしているわけではありません(笑)

朝だらだらすると、結局は、しわ寄せが夜にやってくる。

夜更かしするから、また朝は起きられない。

そういう悪循環が生まれます。

どこからスタートするかだけの話なので、早起きしたければ早く寝ればいいだけです。

そこで、僕は毎日夜の9時に寝るようにしています。

そうすると、5時半に起きても大丈夫。

むしろ、8時間寝てます。

朝仕事して、午前中仕事して、午後仕事して、夜はこうやって少しまた仕事して。

みたいなサイクルにすると、1日8.5時間が仕事になりました。

でも、毎日やっぱり9時に寝れます。

婚活とは直接関係ないのかもしれませんが、健康管理という意味では、ライフスタイルは結婚生活に影響が出ます。

むしろ、かなり大きいです。

ところが、これも習慣なので、そのリズムに慣れてしまえば、そんなもんかと苦にはなりません。

大事なのは、スタートを決めることです。

僕たちが勘違いしがちなのは、起きる時間を決めて、

効率的に動こうとすることです。

でもそれだと、疲れは取れませんし、そもそも起きられません。

僕もこの生活をしてみて思うのは、1日のスタートは朝ではなくて、寝る時間です。

もし、あなたが生活リズムの見直しをしたいなと思ったら、

まずは寝る時間を決めてみてください。

ここが崩れると1日が崩れます。

でも、寝る時間を守れれば、朝も起きられるようになります。

そもそも、そんなに寝られないので、自然に起きてしまいます(笑)

しばらくは、疲れがたまっていると、起きられないかもしれません。

でも、1週間くらい毎日夜9時に寝ていたら、

勝手に起きられるようになります。

婚活でも健康管理はとても大事です。

まずはここを整えると、婚活パーティーでも気力が充実してきますので、印象も良くなりますよね。

女性でしたら、化粧ノリも違ってきます。

この話、もしピンときたら、ぜひあなたも試してみてください。

1日のスタートは寝る時間、です!


婚活に答えはあるのか?

2018/11/27/ 17:53

From:吉本みかん

ここ数か月間、メルマガでウイスキーネタが多い(笑)

それはマイブームなのでそのうちほとぼりが冷めると思います。

ですけど、ウイスキーから学べることもあります。

最初はどれを選んでいいのか分からず、とにかくメジャーっぽい銘柄のウイスキーを飲み比べしていました。

そうすると、だんだん違いが分かってきたような、分からないような。

3ヶ月くらい、こんなことをやっていると、だいたいは結論が出てきます。

この銘柄はこんな味、産地がここなら、こういう味の傾向がある。

そういった、自分の中でのデータベースが生まれるわけですね。

で、結局どうなったかというと、

どれもおいしい(笑)

そら、そうですよね。

商品として売っているわけですから、どれも品質的においしいんです。

あとは好みの問題もありますし、価格とのバランスもあります。

もちろん、高いウイスキーはそれなりにおいしいですが、それも好みがありますので、

安いウイスキーでも気に入ったものがあれば、それでよし。

こんなことを考えていると、

なんだか、婚活と同じような気がしてきました。

婚活でも、条件や見た目が良い人はたくさんいます。

ですけど、良ければいいってものでもない。

ウイスキーの場合は、価格と味のバランスかもしれませんが、

婚活だとしたら、相手の条件と自分の努力のバランスかもしれません。

どういうことかと言いますと、

当然ながら、条件が良い相手というのは、ライバルが多い。

そんな中、相手の心を射止めようと思ったら、それなりに頑張る必要があります。

それだけなら、まあまだいいんですけど、結婚した後もそれを続けることになります。

つまり、自分を曲げて相手に合わせた人生を送ることになるんです。

条件を下げると妥協か?と思う人も多いですが、それは実は妥協ではないんです。

自分が納得して、相手を選んでいるなら、自らの意思で選んだことになります。

つまり、自分らしくいられることを優先した、ということですね。

選択の基準が違うだけです。

何を言いたいのかと言いますと、

最終的には、自分で決めるということです。

ウイスキーも、自分なりの基準があって、この銘柄!みたいな決め方をします。

つまり、答えはないんです。

ウイスキーも婚活も、点数が高ければいいというものでもない。

大事なのは、どんな基準で相手を選ぶかということです。

唯一、答えがあるとしたら、

あなたが納得して選んだ相手なら、それが正解です。

一番の問題は、良い人がいないということではなくて、

決められないことにあります。

婚活パーティーのアンケートを見ていると、

他社の婚活パーティーに出ても、みかん企画の婚活パーティーに出てもいい人がいないと嘆く人がいます。

でも、いい人って何ですか?って話です。

ちゃんと自分でいい人ってこんな人です、という基準があれば、決められますし、

見つけることもできます。

もし、あなたが「いい人がいない」と思っているとしたら、

まずは、いい人の基準を決めてください。

正解はありませんし、誰を選んでもいいわけですから。

グッドラック!


相手から重たいと思われないコツ

2018/11/26/ 17:59

From:吉本みかん

数日前から、長男のハルウミ(小3)が、ニンテンドウスイッチのコントローラーが欲しいと騒いでいました。

なんでも、年末に友だちが集まるときにみんなでゲームの対戦をしたいのだとか。

お小遣いも数ヶ月貯めていたので、ちょうど買えるくらいの金額が貯まっていました。

ただ、わざわざゲームを買いに行くのに時間を使うのがもったいなくて、ずっと放置していたら、

とにかくしつこい(笑)

教育上、良くないのかもしれませんが、仕事にも支障が出るので買うことにしました。

僕の自宅が、掛川市の山奥なので気軽に買い物ができません。

ですので、

余計なところに寄りたくないんです。

でも今日は、ついでの用事があったので、ちょうどハルウミの学校が終わるころに待ち合わせ。

コントローラーを買いに行く約束をしました。

ところが、その前の用事が10分ほど押してしまいました。

約束の時間を過ぎていくと、ハルウミがいない。

おかしいなと思って、バス停まで見にいきましたが、誰もいない。

僕の自宅が山奥過ぎて、子ども達は毎日30分くらいかけて学校までバス通学です。

もしかしたら、先にバスで帰ってしまったのかも、と思いコントローラーだけ買って帰ることにしました。

あとで自宅に電話してみると、思った通り、

「いなかったから帰った」

と、泣きそうな声で電話に出ました。

ちょっとかわいそうでしたが、僕はそのとき、

10分くらい待てよ、と思ってしまいました。

人って意外と待てないものなんですよね。

婚活も同じかもしれませんが、

せっかくLINEでやりとりしていても、返事がないとつい焦って続けてLINEを送ってしまう。

そういうことってありますよね。

なぜか待てない。

上手くいかない相手だとしたら、何をやってもそもそも上手くいきません。

ですけど、待てば上手くいく関係も、自分に余裕がないばかりに焦ってチャンスをつぶしてしまうことがあります。

こんなときの対処法としては、他に意識をずらすということ。

待てないのは、その相手一本で入れ込み過ぎなんです。

そうすると、相手からは少し重たい。

だから、趣味なり、他の候補の人がいれば、そこまで1人に入れこまなくても済みます。

これちょっとしたテクニックですが、自分の意識を1人の相手に集中させないようにするとき、とても有効です。

こういった、メンタルコントロールは慣れるまでは難しく感じるかもしれません。

ですけど、せっかく縁があって、

待てば上手くいくかもしれない関係を自分から潰してしまうのはもったいない。

そんなときは、こういうテクニックをぜひ使ってみてください。

あなたの心に余裕が生まれますよ。


相手への興味、ありますか?

2018/11/24/ 18:20

From:吉本みかん

最近は、自宅に引きこもって仕事をすることが多くなりました。

何をやっているのかというと、ブログの記事を書いたり、メルマガを書いたり。

今日は、ブログのデザインを更新していました。

結構、細かい作業があって、思うようにキレイにはなっていないかもしれません。

ちなみにこちら。


https://mecan3.jp/

いつもはWEBデザイナーさんに作業してもらうんですけど、

自分でもやれるようになったほうがいいかと思い、いろいろいじっています。

面白いのが、WEBデザインの知識がなくてもキレイなサイトが作れてしまうんです。

一昔前なら、考えられなかったですね。

もっと、キレイに使いやすいようにもできます。

覚えることがないという意味ではなくて、特別なホームページのコードを書く技術がなくてもできるということ。

使い方は覚えないといけませんが、素人でもできる。

そうなってくると、WEBデザイナーさんの仕事がなくなってくるのかと思いきや、

そうでもない。

結局、素人は使い方が分からないので、その使い方を教えるという仕事が生まれます。

今までみたいにホームページを請負で作るというのは厳しくなってくるかもしれませんが、

他の仕事はある。

技術はあるわけですからね。

婚活でもそうですが、人によって、時代によってはやることは変わるかもしれません。

婚活パーティーがなかった時代の婚活は違う形でしたし、

最近では、スマホアプリも登場して、また婚活の形が変わりました。

それでも、基本的な人間関係の技術や、コミュニケーションは変わりません。

使い方をちょっとアレンジしないといけない、というだけの話です。

僕が感じる婚活で大事なことと言えば、

人への興味でしょうか。

特に、婚活が上手くいかない人に多いのが、

自分にとって何がメリットなのか?という視点で相手を見ている。

まあ、結婚なので、もちろん自分にメリットがないと結婚しないと思います。

でも、相手にとって自分と結婚するメリットは何か?ということを考えないとなかなか相手は見つからないでしょう。

これは、自己犠牲とか、倫理的な話をしているのではありません。

相手の視点に立って、

自分と結婚するメリットは何か?ということを考えないといけないんです。

相手も人間ですから。

これを真剣に考えてみると、あなたの婚活は違ったものになりますよ。