結婚生活のバランス

2019/1/21/ 18:13

From:吉本みかん

昨日は、ずっと個人相談を受けていました。

朝から順番に夕方まで。

僕もなかなか時間が取れないので、こうやって1日婚活相談を受けるのは貴重な時間になります。

普段は、婚活セミナーや個人カウンセリングで土日が埋まってしまいますので、

新しい方とのお話の機会は、意図的に作っていかないと、すぐに予定が埋まってしまいます。

そういうと、僕がめっちゃ売れっ子で忙しいというイメージかもしれませんが、

そういうことにしておきましょう(笑)

実際は、土日はほとんど予定が埋まっています。

その分、平日は心理カウンセリングの勉強や、

自分の時間に当てています。

ですので、人生全般でいうとバランスは取れているのではないでしょうか。

当然、そうですよね。

婚活をされている方の多くは土日休みですから、

僕も土日の予定はお客さんと会うことで埋まってしまいます。

そうじゃないと、逆に僕の仕事的にはまずいです。

だからといって、四六時中忙しいとしたら、

それは人生のバランスがおかしいでしょう。

つまり、どこに自分の焦点を持っていくかということですね。

メリハリが大事ということでしょうか。

僕も月曜日はぐったりしています。

土日が僕の仕事のメインですから、そらそうです。

むしろ、月曜日が元気だと「仕事してないんかい!」という状態ですよね。

そこからまた土日に向けて仕事の準備をしていくわけです。

結婚生活でもそうですが、

最近の風潮として、ワークライフバランスというのがあります。

あなたも、結婚した後の生活を考えたとき、この問題は避けては通れないでしょう。

僕は、このワークライフバランスの中で、

バランスという言葉が気になります。

バランス。

つまり、仕事とプライベートをほどよくバランスを保ちましょう、という考え。

なのか、どうかは分かりませんが、そういうニュアンスに聞こえます。

そうすると、どちらの間でバランスを取っているというイメージです。

ですが、

実際の結婚生活のイメージでいうなら、

そんな中途半端にしていると、どちらも破綻します。

つまり、家庭はほどほどに散らかっていて、

仕事はほどほどに責任逃れ、みたいな。

それで果たして人生が上手くいくのか?

ただ、このワークライフバランスには働きすぎをやめましょう、というメッセージも含まれているので、

どちらかというと、家庭重視なところがありますよね。

でもやっぱりそれでは、仕事もプライベートも中途半端に破綻してしまいます。

僕が思うのは、大事なのはバランスではなくて、

切り替えなのでは?ということです。

仕事とプライベート、どちらが大事かということでもなく、

どちらも大事。

だから、その切り替えをしましょうということなのではないかと思っています。

仕事は時間内に毎日きっちりやる。

でも、家庭を犠牲にするほど、残業はしない。

そういう切り替え、メリハリなのではと思います。

あなたもこれから結婚して、新しい人生を歩んでいくでしょうから、

こういう切り替えも大切になってきますよね。


自信を取り戻す方法

2019/1/20/ 17:43

From:吉本みかん

「自分に自信が持てません」

婚活をしている中でもこんな方も多いです。

今日はそんな方向けのお話をしたいと思います。

よく聞くのは、

「もっと自信を持って」みたいなアドバイス。

もう一歩で何とかなりそうで、

特に何も本人には問題はなさそうで、なかなか上手くいかないパターン。

よくありますよね、婚活に限らず、仕事でもそうです。

でも、自信を持てと言われても、実際にそれは気持ちの問題なので、アドバイスされたからと言って自信が持てるわけではありません。

僕も、婚活の相談を受けていて、

性格的にもコミュニケーション的にも問題ないけど、あとは自信かな、という方もたくさん見てきました。

僕もその具体的な解決策を知りたいなと思っていたわけです。

で、あるとき発見したんです。

人は一体どういう状態のとき、自信が持てるのか?

あなたもこれまでの人生で経験があると思います。

調子が良くて、自分は「やれる」という感覚で新しい挑戦をしていた時期。

なので、自信というのは何ができるかとか、

どういう条件だとか、

そんなのは関係ないのかな、というのがここ2、3年の発見です。

結論から言いますと、

人は、自分が望むゴールに向かって新しい挑戦をしているとき、不安を感じません。

そして、その時期は自信があるんです。

つまり、

「自分は、自分の限界を突破するために挑戦しているんだ」という自信ですね。

だけど、

あるとき、ちょっと疲れて立ち止まりたくなる時がやってきます。

そうすると、あんなに自信がみなぎっていたのに、

急に不安になったり、自分は大丈夫かな?と感じるようになります。

この事実に気づいたとき、

僕は衝撃でした。

なぜ、衝撃だったかというと、

心理療法では、自信を持つ具体的な方法が示されていなかったからです。

何のきっかけで、僕がこれに気づいたのかは忘れてしまいましたが、

自分自身の人生を振り返ったとき、それからこれからの自分の目標に向かっていくとき、

婚活セミナーのお客さんの自信を取り戻すアドバイスを通じて、

この理論が正しいということに確信を持ちました。

ですので、

もしあなたが、婚活で自信を持てないとしたら、今の自分を変えるための挑戦をしていないのが、一番の原因です。

あなたが望むゴールに向かって、何かしらの挑戦を始めたとき、

その瞬間から不安がなくなって自信が湧いてきます。

ぜひ、やってみてください。


婚活の辛口トーク

2019/1/18/ 18:00

From:吉本みかん

さてさて、最近はメルマガで辛口トークを繰り広げていますが、

中にはそれがいい!という方がいらっしゃいます。

辛口のほう面白いんですよね。

僕も辛口トークをしたいわけではないんですけど、本当のことを言うと辛口に聞こえてしまうというのが実際のところではないでしょうか。

僕は、自分の価値観を押し付けるつもりもありませんし、あなたをどうこう変えたいわけでもありません。

ただ、結婚を本当に望むとしたら、現実的にはこうですよ、ということをお伝えしています。

もちろん、これは僕が心理学を勉強したり、実際の婚活を見てきたなかでの話ですし、内容に偏りがあるかとは思います。

ですが、僕自身はものすごくフラットな感情でお伝えしています。

誇張もないし、オブラートに包んでもいない。

僕が感じたまま、見てきたままをお伝えしているんですね。

人って、本当のことが一番怖いので、それを見たくない、直視できないというのはあります。

だから、こうやってズバズバ感じたままをだだ洩れに発信しているメルマガを読むと感情が揺さぶられます。

それは、僕がどうこうということはなくて、受け取る側の心境次第です。

僕はそれも選択の自由だと思います。

婚活業者の中には、もっとお客さんに寄り添って気持ちよくさせてくれる業者も多いです。

そういう業者を渡り歩いて、何となく結婚への希望をつなぎとめるというのもアリですし、その業者を批判するつもりもありません。

単純に、僕とはビジネスモデルが違うだけです。

なぜかというと、

現実を直視したくなくて、今のままの自分でも結婚できるかも?というファンタジーを買いたい、という客層がたくさんいるからです。

そのファンタジーを売っている婚活業者は、悪徳なのか?というと、僕はそうではないと思います。

需要と供給で考えたら、ファンタジーを買いたい人にファンタジーを売って、

「一緒にがんばりましょう、もう少しですから」

と言うビジネスは、僕はどちらかというと賛成です。

僕自身も自分でビジネスをやっていますから、よく分かります。

ビジネスとしては正解なんです。

世の中のほとんどのビジネスはこれで成り立っています。

ダイエットしたい人にとってはケーキ屋さんは悪かもしれません。

でも、ダイエットしたいと言いながら、本当はそれほど本気で痩せたいと思っていない人にケーキを売るのは悪徳なんでしょうか?

「そうですよね、たまには自分へのご褒美って必要ですよね」

というセールストークでケーキをいっぱい買わせるのは悪徳なんでしょうか?

そんなことはありませんよね。

このケーキを食べれば、1日で10キロ痩せますよ、というウソを言って売ったら悪徳だと思います。

でも、別にそんな売り方をしているケーキ屋さんはありません。

ほとんどの婚活ビジネスもウソは言っていません。

お客さんが本当に望んでいる、「実はそこまで結婚したくなくて、結婚できそうな夢を見たい」という希望を売っているんです。

まあ、ビジネス的には正解ですよね。

うーん、やっぱりこんなことを書くと辛口トークに聞こえるかもしれませんが、

僕は別に辛口のつもりはありません。

実際にある現実を、僕が知っている知識の中で客観的に分析すると、

こういう話になるだけですね。

というわけで、これからも婚活の真実についてメルマガで発信していきたいと思いますので、現実を直視したくない人は、

さっさとメルマガを解除して、気持ちよく婚活をさせてくれる業者を探してください。

きっと、死ぬまで気持ちよくさせてくれると思いますよ。

グッドラック!


あなた性格悪いですよ

2019/1/14/ 17:36

From:吉本みかん

「結婚できないのは、性格が悪いんです」

こんなことを言うと、あなたは引くかもしれません。

でも、僕は婚活セミナーでお客さんに直接この言葉を言ってしまいます(笑)

この表現はちょっとキツく言っていますけど、

婚活セミナーに来られる方は、コミュニケーションも取れますし、礼儀正しい人ばかり。

ん?なんか吉本は言っていること無茶苦茶やな、と感じたかもしれません。

コミュニケーションや愛想、それから表面的な性格は良い人ばかり。

僕が言っているのは、結婚相手に求める人間性の部分について言っているんです。

あれ?フォローになってないな。

まあ、いいです。

表面的には、良い人ばかりですし、なんでこの人結婚できないんだろう?と最初は思うんです。

ただ、ある程度話をしていると、

あー、と思うことがある。

それは、自己都合なんです。

親の介護は嫌だとか、理想の条件がどうだとか、

もしくは婚活で出会った人の批評ばかりしているとか。

表面的には感じが良くても、

そういう人間のズルさとか、自分かわいさとか、そんなところが見え隠れするんですね。

これが、あきらかに「私レベルだと、これくらいの相手じゃないと」みたいな高飛車な感じなら、誰から見ても、

「性格わる!」ってなります。

でも、大半の人は表面上いい人で、実は性格が悪い。

あれ?やっぱりフォローになってない。

でもこれって人間は自己都合で出来ているのでそれが普通です。

あ、やっとフォローっぽくなりましたね。

そう、自己都合が当たり前。

だから、相手も自己都合で生きています。

その自己都合同士がぶつかると、

「僕たち似た者同士だね、自分のことしか考えてないよね」

と意気投合するかというと、

そんなことはない!

で、結婚する人はどうかというと、

この自己都合の部分をある程度克服できている人たちです。

完璧に克服したら、それは悟りの境地なのでもはや人間ではありません(笑)

ある程度です。

ある程度でいいんですけど、結婚できない人は自己都合なんですよね。

もうちょっと、細かい話をすると、

人生で楽な方へ逃げてしまうとか、不安を埋めてくれる人になびいてしまうとか、

そういう人の弱さも含まれます。

これも広い意味では自己都合です。

だから、やるべきことをやると。

自分の責任の範囲内のことはやる勇気がないと、相手に依存することになります。

女性だとしたら、男性におんぶにだっこを望むとか。

男性だとしたら、女性にまるで自分の母親のように、自分に都合の良いふるまいを求めるとか。

そういう人の弱さみたいなものを克服できていない自己都合な人は、

やっぱり性格が悪いんです。

それで結局、いちばん手っ取り早く確実に結婚しようと思ったら、自分の性格を変えるしかありません。

自己都合を克服する練習ですね。

僕は20代のころ、こればっかりやっていました。

もちろん、心理学のテクニック的なものもやりましたが、

そもそも気持ちがついてこないなら、それも役には立ちません。

もし、あなたが今年こそは結婚したいと思ったら、性格改善に取り組んでみてください。

婚活パーティーに出まくるより手っ取り早いですよ。

こんなことを言っている僕が一番性格悪かったりして(笑)

ではまた明日。


結婚生活の経済的問題

2019/1/8/ 18:34

From:吉本みかん

婚活とは直接関係ないのかもしれませんが、

最近、投資の勉強をしています。

なぜ、これをしているのかというと、

婚活している人に役に立つかなと思ったからです。

結婚生活をどうやって経済的に成り立たせるのか、というのは実際大事になってきますからね。

ただ、投資というと、怪しい情報というイメージもありますし、

法律的にこういう情報を売るのは厳しい規制があります。

ですので、僕はどの投資がいいのか、という話をすることはしません。

考え方だけお伝えできればと思っています。

そのためには、自分が実際にやってみないと分からないので、まずは自分で実行しています。

半年くらい前から、勉強し始めまして、

ここまでで分かっていることがあります。

原則的なことですね。

あ、断っておきますが、これ僕のオリジナルの理論ではありません。

実際に、資産を5年で1億円に増やした経営者仲間から教えてもらいました。

1つ目、複利

簡単にいうと、利子に利子がつく投資です。

僕の祖母も昔は郵便貯金で10年くらいで元金を2倍にしていました。

昔は定期預金が数%あったので貯金でも10年で2倍になったんですよね。

今はそんな金利はないので、どうするかというと、

僕も目からうろこだったんですが、自分で複利を作るんですって。

はー、なるほどと思いました。

ある投資が年利10%だとしたら、その利益分を別の投資に回す。

利益をそのまま同じ投資に回すと、リスクも大きいのもありますが、別の投資に回すと自分で複利を生み出すことができます。

僕もそんなこと今まで考えたことがなかったので、なるほどなと思いました。

2つ目は、定期積立て

ドルコスト平均法というと、聞いたことがあるかもしれません。

定額を毎月積み立てていきます。

そうすると、リスク分散になります。

相場が上がったらOKですし、下がったときもより多くの資産を買えます。

長期的に見れば、安定的に利益を生めるので一度に投資をするよりはリスクが低いんですね。

3つ目、これも大事です。

なくなってもいいお金を投資する。

取り戻そうとか思ってしまう金額ではなく、もしくは大儲けしてやろうと全財産をつぎ込むでもなく、

ある程度放置できる金額を投資することです。

メンタル的な問題ですよね。

投資で失敗するのはほとんどがメンタル的な問題なんです。

そう考えると、僕は心理カウンセラーを名乗ってますから、

投資をしているときのメンタルコントロールも自分の心理学を使って結果を残す、という実験をしたいと思っています。

今、取り組み中です(笑)

もしかしたら、僕の専門性は投資にこそ向いているのではないか?と思っています。

まあ、面白そうなのでちょっと試してみます。

今後のレポート、楽しみにしておいてください。


40代が結婚できない本当の理由

2019/1/7/ 18:38

From:吉本みかん

新年あけましておめでとうございます。

遅い!

そう言えば、新年のご挨拶を忘れていたような気がします。

改めまして。

昨日、婚活の研究発表会というマニアックな講演会を開催しました。

でも意外にも好評でしたので、セミナー動画を編集して聞きたい方向けに配信しようかと考えています。

出来次第ご案内しますね。

ところで、その中でご参加されていた40代後半の方が、

「40代でも結婚できるんですか?」

そういうお話をしていました。

今回の講演会は、婚活セミナーではなかったので、

僕の婚活セミナーを受講されてご結婚された方も参加されていました。

休憩中に先ほどのような話題になっていたんですけど、

結論としては、

「年齢は関係ない」ということ。

これは僕が言ったのではなくて、実際に40代でご結婚された方のコメントです。

諦めなければ大丈夫、ということなんですけど、

精神論で終わらせると、何の役にも立たないので僕なりの解説をしたいと思います。

よく40代で結婚は難しいと言いますけど、

40代で結婚が難しいのではなくて、結婚できる人がどんどん結婚していくので、

難しい人が40代になって独身のまま、ということが正しい表現です。

さらっと、きついことを言ってしまいましたが、

あなたも薄々分かっていますよね?

40代でも結婚できる人は結婚できます。

それは確率の問題ではありません。

単純に上手くいくまで試行錯誤ができるかどうかです。

上手くいかない人は、上手くいかないパターンを繰り返しています。

今までのやり方の延長線上でもっと頑張ろうとするんですね。

でも、その延長線上には答えはないんです。

だから、上手くいかないとしたら、自分のパターンを変えていかないといけません。

そうやって試行錯誤を繰り返すうちに、だんだん上手くいくパターンが見えてきます。

人は、自分を変えるのが苦手です。

それは、婚活のやり方であったり、自分の性格だったり、相手選びの基準であったり。

そうやって試行錯誤をしながら自分を変えてきた人は結婚していくんですね。

ですので、単純に40代は結婚が難しいというのは、

僕は言い訳にしか聞こえません。

実際に、自分のパターンを変えることが出来た人は結婚していきます。

つまり、

40代で結婚するのが難しい理由は、正しくは、

40代まで自分を変えられなかった人が、

自分を変えてまで結婚するのが難しい、ということです。

だから、40代だろうと、50代だろうと結婚していく人は結婚していきます。

それは、

40代で自分のパターンを変えることができた人です。

このメールにカチンときた40代のあなた、

ぜひメルマガを解除してください。

きっとスッキリしますよ。


あまのじゃくな婚活のススメ

2019/1/5/ 8:45

From:吉本みかん

今日は、年始から東京出張です。

新幹線で東京に向かっている間にこの記事を書いています。

混んでいるのかな?と思っていたら、めっちゃ空いている。

帰省ラッシュって、もう落ち着いたのでしょうか。

僕は、年末に実家の和歌山に帰省しました。

正月は静岡県掛川市の自宅で過ごし、3日から仕事。

かなり世間とはずれたスケジュールなので、混雑することがありません。

普段の仕事も土日に仕事、平日は仕事。

あれ?(笑)

平日の仕事はやることはありますが、時間に拘束されているわけではないので、

プライベートの用事も入れられます。

とは言っても、そんなにプライベートの用事はないんですけど。

何が言いたいのかといいますと、

世の中の動きと逆を選んでいるということです。

人が土日に休んでいるときに仕事して、

プライベートの用事や買い物は平日にする。

世間が連休のときは動かずに、仕事。

世間が落ち着いてから休暇。

こんな感じです。

これの何がいいのかというと、混まない。

当たり前ですけど。

あまのじゃくと言えばそれまでです。

ですが、このほうが人生は上手くいきます。

なぜなら、誰もが選ばない選択をするので競争がないからです。

そうやって過ごしていたら、自分がやっていたことが流行ってくることもあります。

そのときは、また人がやっていない所を探します。

僕がこういう選択をしていく理由は、他にもあります。

それは、

人が注目していない所にしか掘り出し物はないからです。

仕事選び、働き方、それから結婚相手もそうですね。

僕はよくお客さんに言うことがあります。

「今までと違う選び方をしないといけない」

でも、本当の意味で理解している人は少ないのではないでしょうか。

今までと違う選び方というのは、

今日お話ししたことです。

周りの人が選ばないであろうタイプの中から良い人を探すということです。

人気があるタイプはそもそも選択肢から外すんです。

婚活でもそうですし、人生全般にも言えるのが、

世間と逆のことを選ぶという勇気が人生を変えてくれます。

もし、世間の常識や周りの人の意見に従って幸せになれるのなら、

あなたはもうすでに今、幸せいっぱいのはずですよね?

そうなっていないのは、周りや世間の基準で物事を決めてしまっているからです。

というわけで、

今年は、あんまり人気がなさそうというタイプの中から相手選びをしてみてください。

自分を信じて!


Noと言われることが大事

2019/1/4/ 19:31

From:吉本みかん

昨日はメルマガのような、メルマガではないメールをお送りしました。

ご丁寧にお返事くださった方、ありがとうございます。

アンケートの意味も含めて、婚活セミナーにどれくらいの人が興味を持っているのか知りたくて、

「セミナーの購入、今もご検討中ですか?」

という内容をお送りしました。

おかげさまで、今後のセミナー運営の参考になりました。

ありがとうございます。

こういうのって、直接聞くのは意外と勇気がいるものですけど、

そもそも聞かないと始まらないんです。

なぜかというと、

この人セミナーやるのかな?やらないのかな?

ということにモヤモヤしながら、セミナーの案内をしてもお互い良いことはありません。

検討していない人にとっては、セミナーの案内はうっとおしいでしょうし、

僕としても、セミナーを受けない人に案内を出すのも時間の無駄です。

これはセミナー運営だけの話ではなくて、

世の中の営業活動もそうです。

たいていは、相手をしてくれる買うか買わないか分からないお客さんを回る営業マンは多いです。

そうやって、業務時間の大半を無駄に過ごしています。

そんな暇があるなら、

買いそうな人を探すことに時間をかけた方がいいんですよね。

そうは言っても、もしかしたら買うかもしれないと思っていると、

相手をしてくれるお客さんを回ってしまうんですよね。

じゃあどうするかというと、聞けばいいんです。

この商品買う気ありますか?と。

これはYesをもらうための質問ではありません。

Noとはっきり言ってもらうために質問しているんですね。

一番の問題は、Noと言わせずに、だらだら営業に出向くことです。

だから、Noと言ってもらってさっさと次のお客さんを探しにいけばいいんです。

昨日、僕が送ったメールも同じことです。

僕は、僕が提供できるものに興味がある方にだけ時間を使います。

そのためにははっきりNoと言ってもらいたいんです。

この話を聞いていて、婚活と似ているなと気づいたあなた、とても賢明です。

そう、婚活も同じなんです。

Yesをもらうというよりは、

いかにNoと言ってもらうかです。

だから、

「この先、デートを続けてお互いを理解していく意思はありますか?」

ということを聞かないといけない。

最初から、それは分からないと思いますけど、

中途半端に時間を使っていて、キープなのかキープされているのか、

寂しいからとりあえず連絡先を残しているのか、

そんな相手にははっきりNoと言ってもらう必要があります。

新年もスタートしましたし、

今年は新しい年にしたいと思ったら、

一度古い関係をリセットするといいでしょう。

何もこちらから関係を絶てと言っているのではなくて、はっきりさせるということです。

Noと言われると、正直しんどいものはあると思いますけど、

それがあるからこそ、新しい出会いに向かっていけるんですよね。

ぜひ、そうしてください。


そうだ、婚活マンガを描こう

2019/1/2/ 18:17

From:吉本みかん

新年あけましておめでとうございます。

新しい年になると、人はこう思います。

僕も、今年は何をしようかとずっと考えていたんですが、

同じことの延長線上でやっても発展がありません。

とは言っても、婚活をテーマに事業をやっているので、やり方を工夫していきたいなと思いました。

そんなとき、ふと思いついたのが、

マンガ。

そうだ、マンガを描こう(笑)

婚活あるあるをマンガにしていったら、ネットでアクセスが集まるのでは?という短絡的な考えです。

でも、

最初はふざけて言っていたら、案外いいアイデアなんじゃないかと思ってきました。

ただ、

僕は、マンガを描いたことがありません(^-^;

絵も下手です。

子どもが小さいときに、アンパンマンやバイキンマンを描いたくらいです。

そうは言っても、マンガさえ描ければネットでアクセスを集められる自信があります。

そしたら、今後の婚活事業も順調に進めていけます。

やる意味があるなら、今からマンガに挑戦するのもありです。

というわけで、ここ2、3日、マンガの描き方について調べています。

僕は、これまで生きてきてマンガを描きたいと思ったことは1ミリもありませんでした。

そんな僕が、マンガを描こうと思っているのは、

これからの仕事にマンガが必要かなと感じているからです。

やってみてモノになるかどうかは分かりませんが、それでも思いついたことはやってみようと思います。

今の仕事をはじめてから、〇〇をしたい、と思ってできるようになったことは何一つありません。

婚活パーティーの運営からはじめて、

自分でチラシのデザインをしたり、

インターネット広告をしてみたり、

ブログを書いてみたり。

どれもこれも、最初からやりたいと思ってやったことはありません。

それでも、必要なことはある程度身に付きました。

もしかしたら、マンガも描いていくうちに、それなりにできるんじゃないかと思っています。

逆に、自分からこうなりたいと思って実現できたことはほとんどありません。

ドラマーになりたいと思っても、そんなに上手くなりませんでしたし、

化学者として一流になりたいと思っても、特にセンスもありませんでした。

英語はいまだにしゃべれません。

そういう意味では、僕は何一つ夢が叶っていないと思います。

ですが、周りからすると、いろいろ出来て、それなりに自由に生きているように見えるみたいです。

最近僕は、これが人生の真理かなと感じています。

そのとき、そのときでやるべきことをやっていると、人生が上手く回るんです。

これを婚活に置き換えたとしたら、

自分が望む結婚生活を手に入れようとやっきになってもそれは叶いません。

それよりも、自分に合った相手と結婚するのが幸せになるコツです。

自分から、手に入れようとするというよりも、自然にやってくる流れに逆らわないことが大事です。

結婚できない人は、流れに逆らっているんです。

世間体、周りの目、見栄、プライド、欲、自信のなさ、

こういう余計なものに惑わされて、本当はそれほど欲しくもないモノを追い求めています。

これを究極つきつめると、悟りみたいな話になってくるんですけど、程度の問題ですよね。

究極でなくてももちろん大丈夫です。

僕たちは、普通の人ですから。

でも、結婚できない人は、この余計なモノが結婚できる人に比べて多すぎるんです。

ぜひ、あなたも今年こそは、余計なモノに振り回されず、

本当に自分が欲しい幸せにまっすぐ進んでいただければ、僕もうれしいです。


無意識のパターンを変える方法

2018/12/29/ 19:06

From:吉本みかん

「帰るときの方が早い気がする」

奥さんと子どもたちが口々にこんなことを言っていました。

今日は帰省先の和歌山県から静岡に帰ってきました。

そしてまた明日から仕事です!

ところで、おかげさまで行きも帰りも渋滞がほとんどありませんでした。

出た時間も到着した時間も行きと帰りでほとんど同じ。

だいたい8時間です(^-^;

ですが、帰るとき、つまり和歌山から静岡に戻るときの方が早く感じるんだそうです。

行きの方が時間が長く感じるのは、楽しみにしていて待ちきれないからじゃない?と子どもたちには説明しておきました。

でも、こういうことってあなたも経験したことありますよね?

何かというと、

時間の感覚が変わる、というもの。

広い意味での催眠とも言えます。

催眠というのは、体の感覚や過去、現在の感覚がずれるとか、時間の感覚が違ってくるとか、

僕たちも、実は日常的に体験しているんです。

暗示を掛けて、操作するとかいう、そんなイメージが催眠にはありますが、わりと普通のことです。

催眠を語り出すと長くなってしまいますので、

使えそうな豆知識を1つ。

これは、ある催眠のアプローチ法の1つで主張されていることなんですが、

無意識でやっている問題を解決するのに、催眠が有効な問題とそうではない問題があるというもの。

催眠が有効なのは、僕たちが意識的にコントロールできない問題に有効なんです。

逆に、意識的にコントロールできる問題解決にはあんまり催眠は使えません。

どういうのが、意識的にコントロールできない問題かというと、

恐怖症とか、手が震えるとか、無意識で体が反応したりする場合です。

意識的にコントロールできる問題としては、初対面の人に話しかけられないとか、

ダイエットが続かないとか、そうものです。

無意識が願望を引き寄せるみたいな話って好きな人も多いんですけど、そういうスピリチュアルな感じというよりも、脳の機能的なものですよね。

意識出来ていないだけで、脳は働いているわけです。

僕たちが意図的にコントロールできないんですけど、学習もするし、考えもします。

それが意識的に分からないだけなんです。

このことについて、分かりやすく言うと、

無意識はできることについては、とても上手に解決策を出してくれます。

もしくは、不都合な結果を生む行動パターンに対しても上手に自動でこなしてくれます。

だから、自分が意識してなくても、勝手に恐怖感を感じたり、体が固まったり、頭が真っ白になったりします。

でも、無意識も知らないことや出来ないことはできません。

だから、無意識の反応やパターンを変えるのに催眠は使えるという意味ですね。

自分の人生を変えるには、自分のパターンを変えないといけません。

もし、あなたが意図的にコントロールできない問題で困っているとしたら、

無意識のパターンを変えるアプローチがてっとり早いと思います。

逆に、もし無意識に暗示を掛けて、都合のいい人生、楽な人生にするために催眠を使おうと思ったとしても無駄な時間を過ごすことになるでしょう。

あなたが婚活をしていて、異性の前で無意識で起こる不都合な体の反応を変えたい場合は、催眠がその解決策になるかもしれません。