あなた色に染まる?

From:吉本みかん

今日、洗濯に出した服を見てみると、

ピンク。

元々、白いカットソーだったんですけど、同居している奥さんのお父さんが色付きの服と一緒に洗ったんです。

洗濯が終わって返ってきたらピンクになっていたのでビックリ。

何がビックリしたかというと、その色の染まり具合です。

見事にきれいなピンク色なんですよね。

はじめから、その色の服を買ったかのような見事さ。

薄くまんべんなくほのかにピンク色に染まっています。

いや、これはもしかしたら、そのまま着れるかも。

これが中途半端にピンクに染まっていたとしたら、おそらく着れません。

ですけど、ここまできれいに染まっていたら、きっと他の人にもバレないでしょう。

というわけで、今度の婚活セミナーでは、このピンクのカットソーを着ていこうと思います。

僕は服を断捨離してしまったので、同じ服を数枚買って、それを着まわしています。

そこにピンクが入ってくると、少し新鮮な気分になりますね。

見事に染まる、と言えば、何かを覚えるときも同じですね。

婚活でしたら、婚活で上手くいく方法を覚える、といったところでしょうか。

このときに注意しないといけないのは、中途半端に染まらないこと。

出来る限り、その方法を忠実に再現するんです。

多くの人は、何かしらのやり方を聞くと、自分の都合の良いところだけ取り入れて、

やりたくないことはやらない、みたいな覚え方をします。

仕事でも、物覚えが良い人は、

まずはそのまま覚えます。

だからと言って、その方法が全てかどうかは分かりません。

ですが、

ある一定の効果が出ているということは、

そのやり方をするとその結果が得られるということです。

例えば、婚活でしたら、婚活パーティーで〇がどうすれば付くのか?ということですよね。

それは、そのままやってみるといいです。

やった上で、アレンジするならアレンジしてもいいかもしれません。

ですが、最初からアレンジすると、そもそも結果が出ないでしょう。

つまり、こういうノウハウ系を覚えるときのコツとしては、

ステップを分ける、ということです。

①そのまま忠実に覚える

②効果を検証する

③自分なりにアレンジする

ということですね。

最終的に、アレンジしていいと思います。

そうしないと、自分のものにはなりません。

ですが、何回も言いますけど、

最初からアレンジしてはいけません。

最初は、そのまま染まるということですね。

PS 今日から少し軽めのメルマガ配信になります(笑)

出版の執筆が10万文字書けまして、おかげさまであとは構成や編集をしていく段階になりました。

ここから先は、出版社次第って感じですね。

というわけで、少し僕も隙間時間ができました。

婚活相談を若干名受け付けています。

↓↓↓

http://mecan3.jp/event

コメントを残す