婚活での距離感の詰め方

From:吉本みかん

昨日、距離感の縮め方のお話をしました。

具体的にどうすれば、相手のとの距離感を縮められるのか、その方法についてお話します。

その前にまずは、相手との距離をどう測るのかということを決めないといけません。

段階を細かくするとしたら、どれだけでも細かくできるのですが、

ここでは分かりやすく5つに分けてみます。

つまり、相手との心理的距離を5つのステップで考えます。

これは婚活に限らず、人間関係全般の距離感の縮め方なのですが、婚活に当てはめてお話します。

①知らない人

当たり前ですが、婚活で出会う相手は、最初は全く知らない人です。

ここからスタートです。

まずは、次の知っている人の段階を目指します。

②知っている人

顔見知りですね。

親しいかどうかは置いといて、とりあえず知っている。

だから、話しかけてもそれほど違和感がない。

挨拶プラスアルファくらいの軽い会話は自然に出来ます。

でも、あまりプライベートな話だと、違和感がある、そんな関係です。

③世間話できる人

知っているだけの人よりも、打ち解けていて、談笑できるレベルです。

婚活で出会ったら、まずはここまでの関係になれないと、デートしてみようという気にはなれないですよね。

婚活パーティーに参加したら、ここまでの関係性にまで持っていきたいところです。
④友達

これは、お互いのことをある程度知っている間柄。

つまり、相手の情報も知っているし、こっちの情報も相手は知っている。

婚活なら、デートでお互いのプライベートや仕事のことを話する、という感じでしょうか。

ただし、これは少し表面的な情報交換になります。

⑤親しい間柄

ここまで来ると、お互いの好みや価値観、人間性について分かり合えるかどうかになってきます。

職場の同僚や、プライベートの友達でもここまでの関係になる人は少ないと思います。

ですが、ここまでの関係になれないなら、そもそも結婚相手候補にはならないでしょう。

というわけで、少しずつステップを踏みながら、相手との距離感を縮めていくわけです。

とは言っても、いったいどうすればいいのか?

それは、距離感を縮めるタイミングを見極めることです。

あまりに先を急ぎ過ぎると、ちょっと待て待てとなるので、

そのタイミングの見極めが一番大事になってきます。

相手がもうちょっと仲良くなりたいな、と思っているときのサインがあります。

それを元に距離感を縮めていくとやりやりすいです。

明日以降は、またその話をしていきたいと思います。

コメントを残す