男女別、交渉術

From:吉本みかん

昨日まで、婚活での交渉術についてお話してきました。

では具体的に何をすればいいのか?

ここまでお伝えしたことを実行するには、男女別で具体的な行動が違ってきます。

真実はひとつなのですが、ちょうどコインの裏表のような関係ですね。

男性側から見た真実、女性から見た真実、これによってそれぞれやるべきことが変わるんです。

まず、男性側からです。

男性は、一つ先に進めるということ。

婚活では、進展している感じが大事です。

何を言いたいのかと言いますと、

つまり、同じような関係を続けているとダメ、ということです。

例えば、毎回、お店が変わるだけで、同じようにランチして、同じような差しさわりのない内容の会話。

これだと、「この先はないかな」と思ってしまいます。

ですけど、毎回会うたびに、ちょっとずつ相手のことが分かってくるとどうでしょう。

家族のこと、仕事のこと、プライベートのことなどから始まり、

どういう生き方をしたいのだとか、夢とか、

だんだん内面的なことも話すようになってくと、2人の距離も縮まっていきます。

これは、心理的な距離感の話ですが、

物理的な距離感もそうです。

2、3回会ったときに手をつないでみるとか、

キスして、ホテルに誘うとか、

そういう進展があると進んでいる感じがします。

セックスがゴールに口説いていくと言いましたが、

セックスすることが全てではなくて、それに向かって進めているのか?

ということが大事なんですね。

だから、手をつなごうとしたけど、今回は断られた、というのでもいいんです。

また次会ったとき、手をつなげばいいんです。

そうやって、「口説こうとしてるんだな」ということが伝われば進んでいる感じがします。

良くないのは止まっている状態です。

進み具合が大事なのではなく、ちょっとずつでもいいので、

進んでいる感じが大事なんです。

このポイントだけは必ず理解しておく必要があります。

そうしないと、ただ口説けばいいんだ、となると本質を見落としてしまいます。

というわけで、男性は少しずつ距離を縮めてください。

1回目のデートでは、婚活パーティーで会ったときより距離を縮める。

2回目のデートでは、1回目のデートより距離を縮める。

3回目のデートでは、・・・

という具合です。

これは、できれば、という話ではなくて必ずそうしてください。

人間関係にはタイミングというのがあります。

この出会ってからの短い期間に距離が縮まらなければ、いくら相性が良くても上手くはいきません。

毎回、次はない、という気持ちで臨むのがコツですね。

では、この真実を女性側から見るとどうなるのか?

女性は、隙をつくるということです。

女性側から口説く、ということをしてはいけません。

ですが、これにはジレンマがあります。

婚活パーティーで出会う男性は草食系が多いので、待っていても全然手を出してこない。

という問題。

でもだからといって、女性側から口説くとろくなことがありません。

そもそも、女性とのセックスは、男性が頑張って勝ち取るもの、というい構図を作らないと、

その後の関係が上手くいかないからです。

就職活動を思い出していただきたいのですが、

何社か受けて内定をもらったとします。

そのとき、どの会社に魅力を感じるのか?というと、

苦労して就職試験を突破したところです。

もちろん、会社本来の魅力はこれとは別です。

ですが、いくら良い会社だったとしても、簡単に受かったところは価値を感じないんです。

これは入社後のモチベーションにも影響しますよね。

簡単に入ったから、簡単に嫌になる。

というわけで、男性には苦労して結婚できた、と思わせておく必要があるんです。

具体的にどうするかというと、

女性は、口説きやすい雰囲気を作ること。

分かりやすいのは、ボディタッチ。

女性からすると、もうこれはOKサインそのものなんですけど、それでもいいんです。

実質、これだったら女性から口説いていることになるのでは?と思われるかもしれません。

でもこれでOK。

そもそも待っていても口説いて来ない男性なので、

こちらから口説かせるように仕向けないといけない。

最後の最後の決め台詞だけ言わせるんです。

散々、ボディタッチしておきながら、自分からは手をつなごうとは言わない。

並んで歩いているとき、ちょこちょこ手が当たる。

そんな状況を作ってみたり、

良い雰囲気のとき、じっと相手を見つめてみたり。

もう、女性からすると恥ずかしくて仕方ないかもしれないんですけど、

それくらいしないと草食男子は手を出して来ないでしょう。

いよいよ、あとはホテルに誘うだけ、というときも、きっと手を出して来ないでしょう(笑)

そんなときは、

「いつになったら誘ってくれるの?」と言えばいい。

さすがにこれでもビビるような男性は、ほっときましょう。

結婚しても受け身すぎて苦労するかもしれませんし。

でも、これくらいは試してみる価値はあります。

当の男性本人は、あなたのほうから口説かれた、という認識はなく、

自分で口説いた、と勘違いするので大丈夫です。

というわけで、あなたが女性だとしたら、

男性が口説きやすい雰囲気を作ってみてください。

さて、そうは言っても、

相手が本当は自分のことをどう思っているのか分からないと、この攻略法も実行は難しいですよね。

そんなとき、参考にしていただきたのは、相手の行動を読むという方法です。

相手の本心は行動に表れます。

ほとんどの人間関係では、お互い建前を言いますよね。

いくら口で上手く言っていたとしても、本音は違うなんてこともあります。

そんなとき、お勧めなのがこの方法です。

つまり、相手の言葉を聞かない。

相手が取った行動だけを相手の本音とするんですね。

例えば、こっちに体を寄せているとか、

歩いているとき距離が近い、など。

先ほどの、見つめ合ったまま沈黙というのもそうです。

だから、歩いていると手が当たるなら手をつなげばいいですし、

忙しいのに無理して会ってくれるなら、脈ありです。

そんなときは、どんどん距離を詰めるチャンス。

だけど、「忙しそうだから」と相手に遠慮していると、チャンスを逃します。

ホテルに誘うときもそうです。

誘ってもぜったいにNOという答えしか返ってきません(笑)

だから、そこでYesと言うかどうかはどうでもよくて、相手がすんなり付いてくればOKです。

ただ、強引にやってしまうとトラブルになりますので、見極めはしてくださいね。

「ええ~」とか言うんですけど、頑なに拒否しているならNoです。

その場合は、止めてください。

犯罪になったりしますので。

ですけど、その「ええ~」と言ったときの表情が明るければ、もう少し粘ってみるといいでしょう。

手をつなぐときも、

「手をつないでいい?」ではなくて、「手つなごうか?(笑顔で)」と言って、手をつなげばいいんです。

嫌なら、振りほどかれますから、心配要りません。

これを手をつないでいい?と訊くと、相手はNoと言う確率が高くなります。

恥ずかしいですからね。

嫌ではないという場合も、改めて訊かれると恥ずかしいからNoなんです。

だから、ここでも100%のYesは要らないんです。

相手が、まあいいか、というYesでいいということです。

特に、女性の気持ちを聞いてはいけないです。

聞くのではなくて、相手の表情や行動を見るようにしてみてください。

そうすると、相手の気持ちを外さなくなりますよ。

最後に、男女の優しさの違いについてお話したいと思います。

女性が薄っぺらい男性に騙される理由について。

これは、そもそも男女で言っている「優しい」の意味が違うんです。

男性が言っている優しさとは、本当に相手のことを考えている、ということを指しています。

例えば、その相手のために必要なことであれば、口うるさく言うこともあります。

ただ単に気休めを言うのではなくて、相手がより良くなるアドバイスをするとか。

ですので、男性は相手のことを真剣に思いやっているかどうかを優しいと思っています。

女性は、どうかというと、

表面的な優しい言葉や、気遣いなど、具体的な行動に対して優しいと感じる。

思っているというより、行動で示されることですよね。

でもこれって、テクニックで何とでもごまかせてしまいます。

本当は、相手のことを真剣に思いやって、なお行動も伴っているのがいいんですけど、

そうじゃない相手に騙されてしまうことも多い。

後から、「そんな人だと思わなかった」という事態になるのは、

最初の優しそうな雰囲気で、この人は優しいと判断してしまったからなんです。

無口で気が利かない男性も、いざとなったら、親身になって助けてくれた、ということもありますよね。

でも普段はその男性が優しいかどうかは分からないんです。

というわけで、これが男女のすれ違いの原因なんですね。

男性の対処法としては、

本当に優しいのなら、それを具体的な行動にして、女性に分かるようにしないといけない。

例えば、ランチに行って、女性のグラスが空になっていたら、「何飲む?」って聞いてあげたり、

ドアを開けて、「どうぞ」というのもいいでしょう。

冷房が効きすぎていたら、「寒くない?」というのも優しいと感じる。

男性からすると、何じゃそれ、と思うようなことなんですが、

これが大事なんです。

そうしないと、あなたの優しさは伝わらない。

これに対して女性側の対策は、

薄っぺらい優しさを振りまく男性になびかない、ということ(笑)

それは、テクニックで何とかなりますから、

むしろ、上手すぎる男性は怪しい。

もし、本当に優しくて、なおかつ気遣いも出来るような男性は、

もう結婚しています。

だから、多くの場合、女性にウケるから身に着けただけのテクニック。

本当の優しさから、その行動を取っているのかどうかは見極めてください。

ぜひ、ここでお伝えした交渉術を使ってみてください。

コメントを残す