本音を否定しないこと

From:吉本みかん

以前に、プリンセス婚活なるものをお話したことがあります。

セミナーでお伝えもしましたけど、

何を言いたかったのかと言いますと、女性は理想の状態がデフォルトということです。

つまり、今の現実は仮初の姿で、

本当の自分がイメージの姿なんですね。

これを言うと、

えーっていう人もいるんですけど、別にそれが悪いわけではないんです。

本質的にはそういう風に出来ているということです。

程度の問題とか、そういう話でもなくて、

それを踏まえた上で現実的にどう生きているのかというところでしょうか。

文章にすると難しいですね。

プリンセスの話は、今日のテーマではないので、こんな説明で終わりますけど、

このプリンセスに対して、男性は何なんだろう?と考えたとき、気づきました。

男性は、プリンセスの対になる考えがありまして、

それはヒーローなんですね。

シンプルに。

世の中の映画は、本当によくこれを表していて、

女性はプリンセスの物語、男性はヒーローの物語が好きです。

男性の本質的な欲求は何かというと、

子どものままでいたい、ということ。

これは、ヒーローと違うんじゃない?と一見そう思うんですけど、

実はつながっているんですよ。

男性は、守られた世界でヒーローになりたい。

つまり、自分の力で何かを成し遂げたいんだけど、

失敗する恐れのない、超人的な力を持った上で悪と戦うとか、

師匠がいてて、間違いのない確実なレベルアップをさせてくれるとか、

そういう守られた世界でチヤホヤされたいというのがあります。

でも、男性もこれを否定するのはまた違うんですよ。

そういうのがある、ということを原動力に上手くいく方法を作ればいいんです。

僕は、女性には本来の自分、理想の自分を取り戻すことで、

自分にぴったりの結婚相手を見つけることをおススメしています。

女性の理想の自分が本来の自分という望みを否定しないどころか、それを後押しする婚活ですね。

じゃあ、男性は?というと、

婚活のコミュニティの中で活躍できるようにサポートするプログラムです。

何が守られた世界かというと、

僕がそのコミュニティの環境をコントロールしているんです。

だから、安心して活躍できるわけですね。

そうすると、これまでの婚活と違って、我慢しなくていい。

何かというと、思いっきり良い格好できるわけです。

むしろ、良い格好することが女性からの印象アップにつながる、そんなサポートですね。

普通にね、良い格好というと、変に自己主張したりということなんですけど、

そうじゃないですね。

コミュニティの中で一目置かれるにはどうすればいいのか?という立ち振る舞いを身に着けていくわけです。

これは本当にオススメです。

僕もコミュニティを運営していますけど、

そうやって段取りしたり、コミュニティに貢献するサポートをしていると、

変に自己主張しなくても、カッコよく見えるんですよ。

そして、自然に相手が見つかるということですね。

実際に、僕も結婚したとき、

所属していたコミュニティでこれをやっていました。

今思い返すと、理にかなっていたんだなと思います。

このやり方をヒーロープログラムと呼ぶことにしました(笑)

面白いので、来月の1/19(日)13:30から掛川で、このテーマで研究発表会をやろうかと思っています。

ぜひ時間空けておいてください。

面白いお話ができると思います。