世間の認識とのギャップ

From:吉本みかん

今日は、先週に月刊みかんの取材をさせたいただいたママ向けアプリ「ママリ」さんの記事を書いていました。

インタビューして録音したものを文字お越し、編集。

記事を書いていて感じたのが、

世間の認識と実際のママの現実とのギャップ。

今回は男性の育児休暇がテーマだったんですけど、

世間では男性の育児休暇は良いことだという認識なのに、

女性側としては、必ずしも男性の育児休暇を歓迎してはいないという現実。

それに対して、何ができるのか?みたいなアプローチでプロジェクトをされていたのにとても興味を持ちました。

詳細は、次回の月刊みかんを読んでいただければと思うのですが、

実際に起きていることと、世間の認識のギャップを埋める活動って大事だなと思うんです。

今回の取材では、結婚したあとの話でしたが、

婚活でも世間の認識のギャップがありますよね。

実際に独身のほとんどの方は婚活されていないんです。

でも、結婚を望んでいないわけでもない。

ただ、婚活していないんです。

このギャップを埋めるにはどうすればいいのか?ということを僕は毎日考えています。

それって、がっつり婚活したいと思っていないだけで、

男女間のつながりを否定しているわけではない。

だから、

「あなたも婚活したら?」

と言われても「うーん、どうかな?」みたいになるわけです。

そこのギャップを埋めるために、気軽に男女でつながれる活動があるといいんです。

でも、それって結局ただの飲み会になったり、なんとなくの出会いのイベントと変わらないわけです。

本当は趣味のサークルならいいんでしょうけど、

それも既婚者やら、恋人がいる人やら、そもそも趣味の活動がメイン。

だから、まずは婚活とか言わなくていいから、

何となく気軽に参加できて、

それでもその先には出会いがあって、みたいな活動が必要なんですね。

僕は、そういうコミュニティを作りたくて「みかん倶楽部」をはじめました。

おかげさまで、というか、

11月から第1回をはじめて、3回やりましたけど、50名以上の方が参加してくださいました。

ちょっとは自然減はしますけど、コミュニティなので基本的には人はだんだん増えていきます。

今度も、年明けにみんなで初詣に行こう!みたいなノリでイベントを企画しています。

そういう緩いつながりが今後は必要なのかなと思います。

友達ですよね。

その友達の延長線上に結婚があるというのは、これこそ自然な出会いなのではないかと思っています。

ただ、自然な出会いというと、何が目的かわからなくなるので、

婚活コミュニティという名前を付けていますけど、

結婚を視野に入れた男女の緩いサークル活動です。

年明けから、本格的に稼働していきますので、ぜひあなたも一度遊びに来てください。