頼りがいとはこういうこと

From:吉本みかん

今日から、みかんツイッターやってます。

そこで、格言みたいにつぶやいているんですけど、

メルマガでもご紹介していきます。

複数の投稿で、話が続いています。

頼りがいって、決めてくれること。

男性の「どうする?」というのはNGワード。

そこは決めてあげて。

お店を予約するのも、どんなところか希望ある?って聞くのもあり。

でもね、じゃあ、ここにしよっか。予約しとくね。

たったこれだけでもいいんです。

頼りがいがないと感じてマリッジブルーになることもある。

マリッジブルーになるのは、将来が見えるから。

大恋愛で結婚が決まっても、

男性が結婚式に乗り気じゃない。

「君の好きにしていいよ」

それはめんどくさいなんだー。

女性の意思を尊重していると思ったら、勘違いだぞー。

そんな勘違いをしている男性多いよね。

結婚式は、たかだか結婚式がじゃない!

それはこれからの結婚生活の縮図なの。

だから、女性は結婚式を丸投げされると、男性に幻滅する。

何も、結婚式のことだけで文句を言っているわけではない。

この先も、子どもの教育、マイホーム、親の介護・・・

全部自分が決めるのか、と思って女性はブルーになる。

男の甲斐性についてはこうだ。

家事を分担して欲しい。

子どもの面倒も見て欲しい。

これは女性の我がままなのか?

女性も家庭を守ることだけなら喜んで引き受ける。

だけど、仕事もやって家事も育児もとなるとそれは無茶なんじゃない?

男性が家計を支える責任を100%果たせるなら、

女性も喜んで家庭を支える。

頼りがいを勘違いしないで欲しい。

それは亭主関白のことじゃないんだよ。

リーダーシップを取って、ぐいぐい引っ張っていかないといけないわけでもない。

女性はただ、最終的な決断の責任とプレッシャーだけ負って欲しい。

あとは女性の尻に敷かれていてもいい。

むしろ、それが本当の頼りがい。