遠くてもついて行きたくなる人

From:吉本みかん

今日は、掛川市で異業種交流会に行ってきます。

行ってくるというか、実は僕が主催です。

ちょっと新しいコンセプトの異業種交流会なんですけど、

こんなのあったらいいな、ドラえもん、みたいなノリで企画しました。

大々的に募集もしていなくて、僕の知り合いに声を掛けていきました。

全員11名です。

やってみて思ったのは、掛川の人がいない(笑)

一番近いのが浜松市ですね。

豊橋、それから清水、そして!東京からも3名来られます。

これには僕もびっくりですよね。

話を聞いてみると、面白そうだから、という理由だそうです。

ついでに掛川に泊まって、懇親会もして帰るそうですので、僕も接待しないと!

人って興味があれば遠くに行くんですよ。

同じようなものが近くにあったら、当然そこに行くんですけど、

それが近くになかったら遠くに行くのは平気なんですよね。

婚活も、近場の人がいいという方が多いですけど、特に女性。

でも、良い人がいたら、

遠くに行くんです。

まあ、実際、僕も実家が和歌山県ですから、今住んでいる静岡県はまあまあ遠いです。

それでも遠いから結婚するのやめようとか、ならないですよね。

婚活も、最初近くの人がいいというのは、あまりにも選択肢が狭くなってしまいます。

優先順位としては、とにかく自分にとって良い人であれば、

どこに住んでいるとかいうのは後から考えるようにするといいですね。

近くに人と結婚したとしても、今の世の中、転職とかで遠くに引っ越すこともあります。

昔、笑い話で、こんな話を聞きました。

就職活動中の学生が、2つの銀行から内定をもらっていて、

最後まで悩んだそうです。

将来性から、社内風土、条件などなど。

でも、しばらくして景気が悪くなって、その2つの銀行は合併したんですね(笑)

あのとき、あんなに悩んだのは一体何だったんだ、みたいな感じです。

婚活でもあんまり条件にはこだわらない方がいいと思います。

それは、中身を見ましょうとかいう、ありきたりの話をしているんではありません。

条件は、あくまで今の条件であって、将来的にどうなるかなんて分からないんです。

僕も結婚したとき会社員でしたけど、結婚してすぐに会社辞めましたから(笑)

というわけで、まずは自分にとってその人が良い人なのかどうなのか、それだけで判断してみてはいかがでしょうか?