婚活のギリギリってどこ?

From:吉本みかん

人には心の中にデッドラインがあります。

簡単に言うと、どこで火が付くのか?というやつです。

婚活でも夏休みの宿題でも、

ここを超えるとやばい!みたいな期限がありますよね?

実際は、宿題が間に合わないとか、最悪の状況にならないためのギリギリのラインのことです。

いくらデッドラインだとしても、夏休みの最終日に宿題全部やる、というのは無理があります。

そこで、夏休みの1週間前なのか、3日前くらいに動き出すわけですよね。

ところが、実はそのもっと前から気持ちはそわそわしているんですよ。

「あー、宿題やらないと」みたいに。

ですけど、遊んでしまうわけです(笑)

どういうことかと言うと、心のどこかでは分かっているんですよね。

どこから宿題をはじめたらギリギリ間に合うのか。

これが本当のデッドラインなんですよ。

僕も、仕事でもプライベートでも色々やらないといけないことがあります。

でも、それいつもギリギリなんです。

そして、ギリギリ間に合うんです(笑)

僕たちの無意識はものすごく優秀でして、これがよく分かってる。

だから、結局はギリギリにならないとやらないということになります。

婚活もそうです。

あなたが婚活で本気になれないのは、まだ余裕があるんです。

頭ではもうギリギリだと思っているんですけど、

心の底ではそうじゃない。

そういうとき、僕はどうするかというと、諦める。

切羽詰まったら、やるだろう、みたいな。

もし、僕が婚活をしているとしたら、たぶんのんびりやると思います。

「出来たらいいな~」くらい。

なぜなら、まだ余裕があるから。

で、切羽詰まるまで遊びます。

でも意外とそういうときの方が良い出会いがあったりするんですよね。

あなたも、少し余裕を持って婚活してみてもいいかもしれませんよ。

どのみち、ギリギリにならないと本気で動かないんです。

じゃあ、その間、気持ちに余裕をもって過ごすのか、焦って過ごすのかというと、

気持ちに余裕を持って過ごす方が楽しいですよね。

結果は同じだとしたら、それまでの間楽しんだ方が得だと思うんです。

僕は、いつもそんな感じで生きてます。

もしこの話がピンときたら、参考にしてみてください。

PS どうせなら、楽しんで婚活をしたいという方はこちら

今すぐ相手を見つけたい!という場合は即効性はありませんけど、ゆっくり確実に相手を探せます。

婚活サークル 無料説明会をやりますので、ぜひお越しください。

ご協力いただける婚活サポーターも募集しています。

日時:10/26(土)13:00-13:30

場所:大日本報徳社(静岡県掛川市掛川1176)

参加資格:独身の男女

参加費:無料

お申し込み:件名を「無料説明会」とし、お名前、年齢、市町村、携帯番号をご記載の上、下記メールにご返信ください。

yoshimoto@mecan3.jp