結婚の決め手2つ

From:吉本みかん

今日、お客さんのファッションコーディネートをするために、ららぽーと磐田に行ってきました。

お昼過ぎに終わったので、その後少しお店を見て回りました。

見ていたのは、スマホやタブレット。

ららぽーとのようなショッピングモールには携帯ショップが入ってますよね。

いつもはネットでどんなのがいいのかな、と調べるんですけど、

実際にどんな感じなのか触ってみたくて市場調査していました(笑)

最近思うんですけど、

スマホに限らず、パソコンなどの最新機器も性能的にはどれもいい感じになってきましたね。

ですので、少し前の機種でもわりと平気で使えます。

発売から3年経った機種も全然問題ないですよね。

僕も3年前のiphoneをそのまま使っています。

新しいのが出るたびに、市場調査だけはするんですけど、

かといって買い換えないといけない理由もなく、

「いいな」で終わってしまいます。

今も困らず使えていますし、

わざわざ買い替えるのももったいない。

どちらかというと、使えるのに買い替えるのがもったいないですね。

今持っている機種を処分するのが気が引けるというか。

壊れたら買い換えます、みたいな感じでしょうか。

決め手がないんですね。

結婚を決めるときも、

これだ!という決めたがあると決めやすいんでしょうけど、

人はそこに至らないとなかなか決断できません。

ちょっといいな、くらいでは結婚しないんですよね。

僕も婚活されている方に関わってきて、

これが一番の悩みどころです。

なぜなら、

相談に来られる方のほとんどは、良い人なんです。

結婚していてもおかしくないな、という感じですよね。

だけど、

この人じゃないと!というのが相手に伝わらないと結婚にならないんです。

もしくは、

相手の問題ではなくて、自分の問題ということもあります。

つまり、誰にしていいのか分からない。

どの人もいいような、よくないような、みたいな。

これが相手に対しての決め手がないなら、

自分の個性をもっと出していくことが大事です。

それが決め手となりますし、そこを良いと言ってくれるのが相性の良い相手です。

自分が誰を選んでいいのか分からないというときは、

どんな人がいいのか、ということを明確にする必要があります。

スマホなどの最新機器を選ぶときも同じですよね。

どんな使い方をしたいのか、ということがはっきりしていないと何も選べません。

というわけで、もしあなたが結婚の決め手がよくわからないとしたら、

相手に対するものなのか、

それとも相手選びの問題なのか、

これをはっきりさせる必要があります。

そのうえで、それぞれ考えてみてはいかがでしょうか。