同じ過ちを繰り返す

From:吉本みかん

晩ご飯を食べていると、一番下のミナト(4歳)が突然泣き出しました。

いったい何があったのかと、様子を見てみると、

自分の指を噛んだ。

フォークで食べなさいと言っても、手づかみで豚肉を食べていました。

舌を噛んだのかと思いきや、自分の薬指を噛んだみたいです。

そんなことあるの?と思ったんですが、絆創膏を貼って落ち着きました。

で、

また手づかみで豚肉を食べ始めたので、フォークで食べなさいと再び注意。

そしたら、

またミナトが泣き出しました。

えー?今度は何?

と思ったら、まさかの小指。

同じ過ちを繰り返すミナト。

今度は、愚か過ぎてかわいそうという気持ちが湧いてきませんでした。

懲りないんですね。

でも、まあ人ってそうかもしれません。

同じ過ちを繰り返して、それでも気づかず、

そしてしばらくして過ちに気づくんですよね。

婚活でも、上手くいかないパターンは人それぞれですが、

上手くいかないときって、同じパターンを繰り返しています。

いつも、同じような理由で別れを告げられ、

いつも、同じような相手に振られ、

いつも、同じような出会い方を繰り返します。

最初はいいです。

3回くらいはいいかもしれません。

でも、

同じ失敗が続いたら、それは違うんだというサインなんです。

だから、何かを変えないといけません。

それは、出会うイベントかもしれませんし、

コミュニケーションの取り方かもしれません。

根本的なところで言うなら、

アプローチするタイプを間違えているのかもしれません。

何が正しいのかは、最終的には出てきた答えでしか判断はつきませんが、

結婚というゴールにたどり着くためには、正解にたどり着くためのプロセスが大事です。

それは試行錯誤の中でしか見つかりません。

とは言っても、そんなに難しいことではなくて、

今まで上手くいかないことを繰り返さずに、違うことを試すだけ。

このプロセスを繰り返すことができる人は、最終的にゴールにたどり着きます。

違うこと、というのは、

行動はもちろんのこと、服装など表面的なことから、

考え方やアプローチするタイプなど内面的なことも含めてです。

そうやって、常に上手くいく方法を考えている人は最終的にゴールにたどり着きます。

もしあなたが、婚活で行き詰っているとしたら、

今とは違うやり方を試してみてください。

その数だけ違う結果が出てきますよ。