最後に結婚できる人

From:吉本みかん

さて、あなたはどんな前提で生きていますか?

この質問の意図するところは、

そうなると信じた通りの人生になるということです。

例えば、幸せになることが前提で生きている人にとっては、

一時的な失敗はその次のチャンスのために必要な経験かもしれません。

でも、自分が幸せになる前提で生きていない人にとっては、本当の不運になるでしょう。

いわゆる受け取り方の話ではなくて、もっと意味深いものです。

人は、人生の中で色んなオプションを持っています。

選択肢のことですね。

自分の人生でどんな前提を持つかどうかで、選択肢が変わってくるんです。

そして、現実も変わってきます。

婚活でよく例えるのが、

結婚しないオプションを持たないように、というアドバイスです。

どうしても、人は不安から、

結婚できなかったことを考えてバックアップを取ってしまいます。

もちろん、いつ結婚できるのか分からないので、

ある程度のバックアップは必要かもしれません。

でも、一生独身でいることのオプションを持つ人がいます。

分かりやすいのが、老後資金を貯める、とかですね。

ある程度はいいですが、完全に独身でいる前提、というのが良くないです。

結局、自分で決めたその前提に従って人生が進んでいきます。

僕も自分の人生は、成功するものだという前提で生きています。

だから成功するかどうかは分かりませんが、

その前提があるからこそ、チャンスが目に留まります。

よく引き寄せの法則みたいな話だと、

チャンスがやってくるみたいな表現をしますが、正確には目に留まるんです。

ですが、上手くいく前提がないと、

そのチャンスを逃してしまうんですね。

結婚もそうです。

ほとんどの人は、自分が思っている理想の相手は相性が良くありません。

ですので、

自分にぴったりの相手を普段スルーしているんです。

結婚して幸せになれると思って、その通り生きている人は、

誰が自分に合っているんだろう、と常にアンテナを張っています。

だから、

小さなきっかけやチャンスに気づくことができるんですね。

そうやっていると、試行錯誤を繰り返すことになります。

そもそも上手くいく前提がないと、

1回上手くいかないと諦めてしまうんです。

ですが、自分が上手くいく前提で生きている人は、何回も試行錯誤を繰り返すことができます。

なぜなら、

上手くいかないのは、やり方が違うだけかもしれないからです。

もちろん、上手くいかないやり方を繰り返すのはアホです。

そうではなくて、

この方法が違ったら、またこれ、みたいにどんどん試していきます。

その結果、結婚相手が見つかったり成功したりするんです。

単純にそれだけです。

でも、スタートは、

上手くいく前提で生きているかどうか。

あなたは、その前提がありますか?