彼氏と婚活を天秤に掛ける女

From:吉本みかん

今日、Yahoo!知恵袋の質問に答える動画を撮影しました。

質問は、彼氏がいるけど、婚活していい?というものでした。

その答えは動画でやっているので、

せっかくならメルマガではもう少し話を掘り下げてみたいと思います。

彼氏がいるけど、他の人の方がいいのでは?

もしくは、彼氏とは何となく続いているけど、違和感があったり、

何か違うなと思ったり。

だから、ちょっとやりとりしている他の男性の方がいいかなと思ってしまう。

でも、やっぱり彼氏とは離れられない。

感情的に、手放すのが不安というか、そんなところでしょうか。

でも、感覚的には違うなと、思っているから、この人!って決めきれないんですよね。

そんなとき、どうすればいいのかというと、

結局は、覚悟の問題なんです。

この人は違うと思ったら違うんです。

でも、他にもっといい人がいればそっちにしたい、というのはずる賢い。

比較の問題でありません。

その彼氏がいいならいいし、違うなら別れる。

他の人にしても、その人がいいならその人。

その覚悟を持てるかどうかです。

でも、不安だったり、情があったり、そういうものに引っ張られて、

自分が薄々感じている直観に従えないんです。

自分のは本音はどこにあるかというと、

その薄々感じているものが本音なんですよね。

こんなとき、どうすればいいのかというと、

選択肢を捨てるんです。

これも、断捨離の一環です。

何かというと、人生の可能性を捨てるということです。

人って、わりと欲張りなので、

こんな人生だったらいいな、とか、

もっとこういう人とも出会いたいな、とか色々あります。

でも、そうすると何も決められません。

決められないくらいならまだしも、

何も手に入りません。

だから、

可能性を捨てるんです。

僕の場合も、人生の中で色々試しました。

事業をしてみたり、投資をしてみたり。

でも、その中で、なんか違うなという選択肢を全て捨てました。

最近では、会社にしてからの銀行の借入金を返済しています。

これが何を意味するかと言うと、

会社として規模を大きくしていくという選択肢を捨てているんです。

銀行は、取引実績を見ますので、

借りたお金をすぐに返すとか、評価が悪いんです。

それだけならまだしも、取引していて印象が良いように組んでいた定期預金も解約。

銀行によっては、口座自体を解約。

そうすると、もう借りたいときに借りれないかもしれません。

つまり、銀行にお金を借りて事業を広げていくという選択肢を捨てているんです。

銀行からの評価が悪くなるような行動を自ら取っているので、切羽詰まっても銀行から借りるという考えができない。

自分の選択肢の中から、それを排除しているんです。

でもこれって、いざというときのバックアップに取っておくこともできたんです。

ただ、そうすると、僕の覚悟が決まらないんですね。

そうやって、

これをやるしかない!となったとき、

人は覚悟が決まって、目標を達成します。

先ほどの、婚活の話に戻すと、

中途半端な相手と結婚する、という今の彼氏との関係を断ち切ることを意味します。

言い方を変えると、

妥協して結婚する、という選択肢を捨てるという意味です。

この場合、とことん彼氏と価値観をぶつけてしまえばいいです。

そうすると、

「もうこの人とは無理かな」と思えます。

だから、今の彼氏との結婚という選択肢を自ら潰すことができるわけです。

人って弱いので、どこかに逃げ道があると楽な方に逃げてしまうんですね。

結婚していく人を見ると、

やっぱり結婚する人生以外の選択肢を捨てていますね。

ですので、あなたも自分の望む人生以外の選択肢を捨ててみてはいかがでしょうか?

そしたら、勝手に望みが叶いますよ。