相手選びより大事なもの

From:吉本みかん

今日は、静岡市が主催する婚活イベントでセミナーをさせていただきました。

時間というか、会場の都合というか、同じ時間に男女別でセミナー。

僕が行ったり来たりするわけにもいかず、奥さんも同時にセミナーをしました。

どっちがどっち?というのも考えたんですけど、

シンプルに女性向けを奥さん。

僕は男性向けのお話をさせていただきました。

テーマとしては、

女性向けは、どんな男性を選んだらいいのか?

男性向けは、女性はどんな男性を求めているのか?

これは、男女それぞれ違う問題があるという話ではなくて、真理は1つ。

それを女性側から見るのか、男性側から見るのかということです。

だから同時刻に、男女別で、この裏表のセミナーをしたんです。

やってみると、意外とこういう試みも面白いなと思いました。

例えば、女性はバランスの良い男性が好きということ。

普通の積み重ねというか、

普通に会話出来て、見た目も普通で、仕事もそこそこ真面目にやっている。

家では家事や子育ても協力的。

でも、そこまで条件を望んでいるわけではないと思っているので、高望みという認識はない。

これに対して、女性はどういう男性を選べばいいのか?

男性は女性のこういう望みを理解した上で婚活を進めないとスタートラインに立てない。

そんなテーマです。

何でこんな話をするのかというと、

そもそも、こういう男性は世の中にはいない。

僕も40年以上生きてきて、そんな男性は1人しかお目にかかったことがない。

しかも、その男性も結婚する前から、理想的な旦那さんだったかというと、それは分からない。

分からないんです。

つまり、出会ったときに分かるわけがないんです。

これは、結婚してはじめて分かることです。

分からないことで判断しようとしているのは、あまり意味がありません。

じゃあ、どうすればいいかというと、

結婚してからそういう夫婦関係を育てていけばいいんです。

むしろ、結婚って、理想の相手と結婚したからといって幸せになれるわけではありません。

結婚した後の関係性がどうかなんです。

それって、相手の条件は関係なくて、結婚してからどういうかかわりをしていくのかという、

自分自身の影響が大きいです。

ですので、幸せな結婚生活にしたいと思うのなら、自分自身が結婚相手とどうかかわっていくのかを考えた方が上手くいきます。

ちょっとした視点の切り替えですが、これは重要なのでぜひ覚えておいてください。