婚活の誠実さは間違い

From:吉本みかん

男性の失敗するパターンにこんなのがあります。

あなたが男性だとしたら、こんな場合どうしますか?

連絡先を交換した女性が、約束の日に熱があるのに会いたい、と言ってきた。

真面目な男性であれば、気を利かせて「また次にしよう」と言うかもしれません。

ですけど、相手の女性は、熱があるのにそれでも会いたいんです。

男性側としてはカッコつけて、また体調良くなったら、と言っているのかもしれませんが、

相手の女性は会いたいんです。

実際にこのケースは、どうなったかというと、

次はなかったんです。

なぜかというと、女性側からすると、「会いたい」という気持ちを外されたからです。

男性からすると、良かれと思ってやったことが実は逆効果だったというわけです。

これは、男性の誠実さからきているんですけど、

多くの男性は、誠実さを間違えている。

もし、この場合、気を利かせるのなら、

女性の家の近くで30分だけ会う、というのがいいのではないでしょうか。

もし体調が悪くなったらすぐ家に帰れるように家の近くにしよう。

送り迎えするよ。

というのが、相手の気持ちも汲み取った上で、体調にも気遣っている、ということになります。

結局は、会って次にどんどん進めていかないと、交際には至らないんです。

それを何となく好意を持ってもらえれば付き合える、と思っていたら大間違いです。

逆のパターンで、こんな極端なケースがありました。

1回目のデートでいきなりホテルに誘った男性(笑)

僕が口説かないといけません、というのを極端に実践してしまいました^^;

でも前提となるのは、お互いに印象は、良い感じだったということ。

当然と言えば当然かもしれませんが、ホテルは断られました。

で、どうなったと思います?

女性は、怒っていました(笑)

いきなり、1回目のデートでホテルに誘うってどうよ?って感じです。

でも、2回目会ってくれたんです。

そして、この出会いは交際にまで発展しました。

ここで言いたいのは、誘うことがいけないのではなくて、タイミングはあるよ、ということ。

ですけど、誘わないことには先には進まない。

お互いに印象が良かったら、誘ったことを怒ったりはしない。

そうではなくて、タイミングが早い、と怒っているだけです。

ここがポイントです。

つまり、順序よく親しくなっていったら、最後はOKということです。

ホテルを断った上で、2回目に会ってくれるというのは脈ありですよね。

だめなら、2回目は会ってくれません。

これは、1回目に誘おうが、2回目に誘おうが、

タイミングでOKの確率は上がるかもしれませんが、

ダメなものがOKになることはありません。

でも誘わないと可能性はゼロ。

つまり自然消滅です。

ということは、最後は必ず口説く必要があるんです。

ナンパもそうですよね。

あれ、ナンパされてほとんどの女性は断ると思います。

だけど、ナンパされたことは友達に自慢している。

どういうことかというと、

口説かれることが嫌なのではない、ということです。

むしろ嬉しい。

だけど、見知らぬ人だからダメ、タイミングがダメ、もしくは、あなたはダメ、と言っているだけ。

男性は、口説く行為が嫌われるのでは?と勘違いしている。

この勘違いを正さない限り、口説くことに躊躇してしまいます。

男性は、この心理的なブロックをまずは外さないといけません。

そうしないと、口説くという行為ができなくなります。

いつまで経っても交際には至りませんから、もしあなたが口説くのが苦手だとしたら、

まずはこれを正しく理解することからはじめてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。