幸せの基準

From:吉本みかん

昨日、エアコンの取り付けをしてもらいました。

2階の子ども部屋に設置しました。

本当は、そんなにエアコンばかり必要なのか?と思いつつも、

結局取り付けることに。

家を建てたときは、全部屋に付けてもいいように、コンセントや排気口だけ付けていました。

気が付けば、全部屋エアコンを取り付けたことになります。

数えると、家全体で6つ。

そんなにエアコンばかり要るのか?と自分でも思ってしまいます。

ところが、

これも一度に全て取り付けたわけではなく、家を建ててから7年かけてちょっとずつ増えていきました。

最初はリビングに1つだけ。

これで十分かなと思っていたら、やっぱり夏は寝苦しくて、

寝室にも取り付けることに。

そんなこんなで、最終的には子ども部屋にエアコンを取り付けてコンプリートすることになりました。

子ども部屋自体、そんなにすぐに使うわけではなかったので、一番後回しにしていました。

ですが、長男のハルウミ(小3)がそろそろ部屋で勉強するかな、ということになって、

夏休み前にエアコンを買いました。

もしかしたら、今の家は全部屋にエアコンがあるのは当たり前なのか?

一昔前までは、テレビも一家に一台だったように思います。

それが、テレビも全部屋、エアコンも全部屋。

個人で言うと、携帯電話やスマホも一人一台。

車も一人一台。

子どもにしても、DSなどの携帯ゲームも一人一台。

確かに便利なんですけど、これが当たり前になってしまっているんですよね。

それが良いとか悪いとか、そういう話はここでするつもりはありません。

ただ、人って便利になったり豊かになったりすると、それがもう当たり前になってしまう、ということなんです。

そんな僕もエアコンを全部屋に取り付けているので、人のことは言えないんですけど、

少なくともこの便利な生活を当たり前とは思わないように、日々感謝して過ごしたいなと思っています。

よくよく考えると、贅沢ですし、毎日快適で幸せですよね。

エアコンに限らないんですけど、人の幸せって、

残念ながら比較でしか感じられないんです。

それは、昨日より今日。

周りと比べてどうか。

そういう相対的な評価なんですね。

自分はこれがあれば幸せ、という絶対的な基準で幸せを感じる人はほとんどいないんです。

つまり、何を言いたいのかと言いますと、

今ある幸せを、周りや今を基準に考えてしまうと、きりがない、ということです。

婚活でもそうです。

周りがどうとか、そういうことを気にしながら相手を選んでいると、

結局は条件に振り回されたりします。

それよりも、

自分にとって、これは大事、という絶対的な基準で判断できるようになるといいですね。

例えば、自分はこういう仕事をしたいので、それを支えてくれる人がいいとか、

そんな感じです。

僕のエアコンを例にするなら、

周りのうちが全部屋エアコンだから僕もエアコンを買う、ではなくて、

ただエアコンが必要だったから買う、というのがいいんですね。

ちょっと、苦しい言い訳ですが^^;

というわけで、あなたもぜひ周りの基準ではなく、

自分自身の幸せの基準を作ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。